男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

加藤清史郎

  • Seishiro Kato
  • 出演
本名
出身地 神奈川県
生年月日 2001年8月4日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県の生まれ。母親が「思い出作りになれば」と、生後2カ月の時に劇団ひまわりに登録したことがきっかけで、わずか1歳1カ月にして芸能界デビューを果たす。3歳から劇団ひまわり幼稚部のレッスンに通い、小学校に入学してからは演技、日本舞踊、ダンス、体操などに取り組む一方、積極的にオーディションを受け、子役としてさまざまな作品に出演する。2005年に河毛俊作監督「星になった少年」で映画初出演を果たし、柳楽優弥演じる主人公の弟・小川貴生の幼年時代に扮した。09年にはNHK大河ドラマ『天地人』に出演。やんちゃで泣き虫だった直江兼続の幼少時代を演じたところ、その達者な演技が大きな反響を呼んだ。その後まもなく“こども店長”に扮したトヨタ自動車のCMが放映されると、その可愛らしい姿が評判に。さらに、NHK『みんなのうた』で放映された『かつおぶしだよ人生は』で歌手デビューも果たすなど、その姿をテレビで目にしない日はないほどの活躍を見せた。この年、『天地人』の台詞「こんなところ来とうはなかった」と「こども店長」の二語で流行語大賞にノミネートされ、わずか8歳で“時の人”となる。映画はその後、水田伸生監督「なくもんか」09で瑛太の幼少時代、阪本順治監督「座頭市 THE LAST」10では香取慎吾演じる座頭市の親友役の反町隆史の息子、佐藤純彌監督「桜田門外ノ変」10では大沢たかお演じる主人公の息子役で起用されるなど、ここ一番で信頼できる子役として重宝される。また、宮西達也の絵本をアニメ化した藤森雅也監督「おまえうまそうだな」10では、声優として恐竜の“ウマソウ”を愛らしく演じたが、これに先がけて「ハッピーフィート」07、「かいじゅうたちのいるところ」10といった外国産アニメーションの日本語吹き替え版にも参加している。10年には、年間を通じてテレビCM露出量がもっとも多かったタレントの第1位にランクされた。テレビドラマの出演作はほかに、フジテレビ『任侠ヘルパー』09、『わが家の歴史』10、TBS『ヤマトナデシコ七変化』10、NHK『さよなら、アルマ・赤紙をもらった犬』10、テレビ朝日『11人もいる!』11など。11年、帝国劇場『レ・ミゼラブル』のガブローシュ役で初舞台を踏み、歌も披露。同年の三池崇史監督「忍たま乱太郎」では主人公の忍者・乱太郎役で映画初主演を果たすなど快進撃が続く。

キネマ旬報の記事