男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

岳 ガク

  • がく
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.0点(403人)

  • 観たひと

    677

  • 観たいひと

    36

  • レビューの数

    47

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2011/5/7
上映時間 125分
製作会社 「岳 -ガク-」製作委員会(東宝=テレビ朝日=小学館=トライストーン・エンタテイメント=小学館集英社プロダクション=KDDI=博報堂DYメディアパートナーズ=毎日新聞社=長野朝日放送=日本出版販売)(製作プロダクション 東宝映画)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督片山修 
脚本吉田智子 
原作石塚真一:(「岳」小学館刊(ビッグコミックオリジナル)連載)
エグゼクティブプロデューサー市川南 
平城隆司 
大西豊 
Co.エグゼクティブプロデューサー本間英行 
桑田潔 
梅澤道彦 
白井康介 
企画臼井央 
製作島谷能成 
亀井修 
佐藤政治 
熊谷玄典 
雨宮俊武 
小林昭夫 
堂馬隆之 
菊地誠一 
石田耕二 
プロデューサー遠藤学 
前田光治 
共同プロデューサー大村信 
高野渉 
撮影藤石修 
美術新田隆之 
装飾秋田谷宣博 
音楽佐藤直紀 
音楽プロデューサー北原京子 
主題歌コブクロ:(「あの太陽が、この世界を照らし続けるように」ワーナー・ミュージックジャパン)
録音湯脇房雄 
音響効果大河原将 
照明川辺隆之 
編集松尾茂樹 
ライン・プロデューサー傳野貴之 
製作担当菊島高広 
助監督櫻井宏明 
スクリプター谷恵子 
VFXスーパーバイザー石井教雄 

キャスト

出演小栗旬 島崎三歩
長澤まさみ 椎名久美
佐々木蔵之介 野田正人
石田卓也 阿久津敏夫
市毛良枝 谷村文子
渡部篤郎 牧英紀
矢柴俊博 座間洋平
やべきょうすけ 
浜田学 
鈴之助 守屋鉄志
尾上寛之 
波岡一喜 
森廉 
ベンガル 
宇梶剛士 
光石研 
中越典子 
石黒賢 

解説

石塚真一のコミック『岳』を「ヒートアイランド」の片山修監督が実写映画化。日本アルプスを舞台に、山岳救助ボランティアとして登山者の命を守る青年と仲間たちの姿を描く。出演は「シュアリー・サムデイ」の小栗旬、「曲がれ!スプーン」の長澤まさみ、「大奥」の佐々木蔵之介、「リアル鬼ごっこ2」の石田卓也、「ぼくとママの黄色い自転車」の市毛良枝。

あらすじ

雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。久美は、同じ山岳救助隊の隊長・野田正人(佐々木蔵之介)や三歩の指導の下、過酷な訓練を乗り越え新人女性隊員として確実に成長していく。だが、実際の救助では自分の未熟さや大自然の脅威により、遭難者の命を救うことが出来ない日々が続く。打ちひしがれ自信を無くす久美。そんな折、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生。仲間と共に救助に向かった久美を待ち受けていたのは、想像を絶する雪山の脅威だった……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「岳-ガク-」

2011年5月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「岳-ガク-」

臨時増刊2月21日号 KINEJUN next vol.01

RECOMMENDED NEW CINEMA:「岳-ガク-」