男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小栗旬

  • ----
  • 監督/出演/出演(声)/脚本協力
本名
出身地 東京都小平市
生年月日 1982/12/26
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都小平市の生まれ。父は舞台監督の小栗哲家。小学校6年生の時に児童劇団に入り、子役としてNHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』95、『秀吉』96などに出演。1998年のフジテレビ『GTO』98に、いじめられっ子の吉川のぼる役でレギュラー出演を果たす。一時期の休業を挟んで、明星学園高校を2年で中退。本格的に俳優業を開始し、98年撮影の阿部勉監督「しあわせ家族計画」で映画初出演するが、公開は2000年までずれ込んだ。TBS『Summer Snow』00で、堂本剛演じる主人公の弟で聴覚障害を持つ篠田純役を好演。この年はNHK『葵・徳川三代』、日本テレビ『明日を抱きしめて』などにも出演して注目の存在となる。02年、日本テレビ『ごくせん』で仲間由紀恵の教え子の不良少年たちのひとり、内山春彦役を自ら提案した金髪オールバックで演じ、ドラマのヒットとともに、期待の若手俳優として一躍脚光を浴びた。映画は、奇病に冒された一族の少年を演じた花堂純次監督「羊のうた」02で初主演ののち、上戸彩主演の「あずみ」03・05、古厩智之監督「ロボコン」03、井上靖雄監督「隣人13号」05など多彩な作品群で個性を発揮。イケメン御曹司軍団のひとり、花沢類役を演じて人気を決定づけたTBSのヒットドラマ『花より男子(だんご)』05の後は、佐藤祐市監督「キサラギ」07、三池崇史監督「クローズZERO」07・09、中野裕之監督「TAJOMARU」09、片山修監督「岳/ガク」11など、子役時代から鍛えた表現力を武器に、爽やかな役から骨太な役まで幅広く演じ分ける。10年には、犯罪に巻き込まれた若者たちの青春群像を描いた「シュアリー・サムデイ」で監督業にも進出した。テレビドラマはほかに、TBS『Stand UP!!』03、『スマイル』09、『獣医ドリトル』10、フジテレビ『電車男』05、『花ざかりの君たちへ・イケメン♂パラダイス』07、『東京DOGS』09、日本テレビ『貧乏男子(ボンビーメン)』08、NHK『天地人』09など。03年の『ハムレット』以来、蜷川幸雄に重用され、『お気に召すまま』04・07、『カリギュラ』07など蜷川演出の舞台7作に出演している。

キネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.12「無限の住人」

新着! 撮影現場ルポ:小栗旬「銀魂」

2014年9月上旬号

FACE:小栗旬

2011年1月下旬号

特別対談:小栗旬×ヤン・イクチュン

2010年8月下旬号

HOT SHOTS:小栗旬in韓国

2010年7月上旬号

巻頭特集「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」:インタビュー 織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、小栗旬、内田有紀

2009年12月上旬号

HOT SHOTS:撮影現場ルポ 小栗旬監督作「シュアリー・サムデイ」

臨時増刊4月11日号 BLACK KINEJUN

巻頭特集「クローズZERO II」:Cast Interview 小栗旬

第3特集 NEW BLOOD ACTORS SPLASH!:Behind The Scene 小栗旬 in 「TAJOMARU」

2009年4月下旬号

Cutting Edge:小栗旬 左利きの俳優

2008年10月上旬号

巻頭スペシャル 先鋭映画の男:最新現場ルポ 小栗旬「クローズZERO2」、瑛太「ディア・ドクター」、伊藤淳史「フィシュストーリー」

2007年12月上旬号

巻頭特集 映画の男:注目男優 インタビュー 小栗旬

2007年11月上旬特別号

FACE2007:小栗旬

2007年6月下旬号

HOT SHOTS:小栗旬

2005年4月上旬春の特別号

HOT SHOTS:中村獅童&小栗旬

2005年3月下旬号

特集 「あずみ2 Death or Love」:石垣佑磨×小栗旬対談

HOT SHOTS:石垣佑磨×小栗旬

2003年9月下旬号

特集 「ロボコン」:対談 古厩智之監督×小栗旬