男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

市毛良枝

  • Ichige Yoshie
  • 出演
本名
出身地 静岡県田方郡修禅寺町
生年月日 1950/09/06
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

静岡県田方郡修禅寺町の生まれ。1963 年に東京に移り、立教女学院高校、文学座付属演劇研究所を経て72 年に俳優小劇場研究所を卒業。この間の71 年、TBS の『木下惠介・人間の歌シリーズ/冬の華』でテレビドラマ初出演。童顔が買われて卒業後は舞台のほか、時代劇ドラマの娘役に声が掛かる。映画初出演は東宝の青春映画「さえてるやつら」73。これも女子高生役だった。山田洋次監督「同胞」75 などを経て映画で初の大きな役は、女優・左幸子の監督作「遠い一本の道」77。北海道ローカル線保線区員一家の人生を骨太に描いたもので、長女を演じた。地道に活動しつつ決定打のない状況が続いていた77 年、フジテレビ昼の帯ドラマであるライオン奥様劇場・嫁姑シリーズ『小さくとも命の花は』の主役になり、初井言榮の姑に仕える若妻役が評判を呼ぶ。嫁姑というドメスティックな人間関係をオープンな話題にした路線はお茶の間の支持を集め、初井とのコンビ作が84 年まで制作される。初々しい色気の新妻イメージで“ お嫁さんにしたい女優” と称され、バラエティ番組にも多数出演。パルコ西武劇場の舞台『ドラキュラ』79 では急遽の代役を受け、わずか16 時間の稽古で主役の穴を埋めて女優としての芯の強さも証明する。人気定着後は各局の単発ドラマ枠を総ナメし、主演・助演にフル回転の活躍を見せる。88 年に弁護士と結婚するがまもなく離婚。91 年、池田敏春監督のハードボイルド「MISTY」で「陽暉楼」83 以来久々に映画に出演する。ベストセラー童話を映画化した西河克己監督「一杯のかけそば」92 では、貧しい家族と交流を持つ蕎麦屋のおかみさんを温かく演じた。以降はフジテレビ『やまとなでしこ』00、TBS『ヤンキー母校に帰る』03、日本テレビ『瑠璃の島』05 など、テレビでも母親役、善意の隣人役が増え、映画でも「地雷を踏んだらサヨウナラ」99、「おっぱいバレー」09 などに同様の役で助演。見る人が持つ自身のイメージを崩さないまま出演作が相次ぐ稀有な安定感を保っている。登山家としても有名で、日本トレッキング協会理事をつとめるほか、環境問題について講演も行なっている。

キネマ旬報の記事