男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ゴジラ‐1.0

  • ごじらまいなすわん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    78.5点(1364人)

  • 観たひと

    1757

  • 観たいひと

    41

  • レビューの数

    261

基本情報

ジャンル パニック / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/11/3
上映時間 125分
製作会社 東宝(制作プロダクション:TOHOスタジオ=ROBOT)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督山崎貴 
脚本山崎貴 
エグゼクティブ・プロデューサー臼井央 
阿部秀司 
プロデューサー阿部豪 
守屋圭一郎 
企画・プロデュース山田兼司 
岸田一晃 
チーフゴジラオフィサー大田圭二 
製作市川南 
撮影柴崎幸三 
美術上條安里 
装飾龍田哲児 
音楽佐藤直紀 
伊福部昭 
録音竹内久史 
音響効果井上奈津子 
照明上田なりゆき 
編集宮島竜治 
衣装水島愛子 
ヘアメイク宮内三千代 
選曲藤村義孝 
キャスティング杉野剛 
協力プロデューサー上田太地 
山内章弘 
ラインプロデューサー櫻井紘史 
プロダクション統括會田望 
制作担当横井義人 
助監督安達耕平 
スクリプター阿保知香子 
VFX山崎貴 
VFXディレクター渋谷紀世子 
特機奥田悟 
カラリスト石山将弘 

キャスト

出演神木隆之介 敷島浩一
浜辺美波 大石典子
山田裕貴 水島四郎
青木崇高 橘宗作
吉岡秀隆 野田健治
安藤サクラ 太田澄子
佐々木蔵之介 秋津清治
永谷咲笑 明子
田中美央 堀田辰雄
遠藤雄弥 齋藤忠征
飯田基祐 板垣昭夫

(C)2023 TOHO CO.,LTD.

場面

予告編


     

解説

ゴジラ70周年記念作品、実写版30作目。舞台は戦後の日本。何もかもを失い、「無(ゼロ)」になった焦土に突如としてゴジラが上陸。その脅威的な力で日本を「負(マイナス)」に叩き落とそうとする。戦争を生き延びた人々の新たな闘いが始まる。監督・脚本・VFXは山崎貴。主演は神木隆之介、ヒロインに浜辺美波。第1作「ゴジラ」(1954年)と同じく11月3日に公開。山崎貴監督と白組のVFX技術が高く評価され、2024年3月11日(日本時間)、第96回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。日本映画の同部門受賞は史上初。

あらすじ

戦後、焦土と化した日本。敷島浩一(神木隆之介)は戦争から生還するも家族を失い、荒廃した町で同じく両親を亡くした大石典子(浜辺美波)と出会う。そんななか、謎の巨大生物が上陸。ゴジラと名付けられたその生物は、戦争で傷ついた日本をさらに破壊し尽くそうとする。残された名もなき人々に、生きて抗う術はあるのか。

関連するキネマ旬報の記事

2024年5月号

第96回アカデミー賞のすべて:「ゴジラ -1.0」受賞会見ルポ

2024年2月号増刊

読者選出日本映画ベスト・テン:

2024年1月号

「ゴジラ-1.0」をどう見るか:「ゴジラ」を創った映画人たちが見た「ゴジラ-1.0」

2023年11月号

巻頭特集 映画について語るたのしみ:Talk01 「ゴジラ-1.0」 対談 神木隆之介×山崎貴[監督・脚本・VFX]

巻頭特集 映画について語るたのしみ:Talk01 「ゴジラ-1.0」 コラム 山崎貴監督が語るゴジラの魅力

UPCOMING新作紹介:「ゴジラ-1.0」