男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

遠藤雄弥

  • Yuya Endo
  • 出演
本名
出身地 神奈川県厚木市
生年月日 1987/03/20
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県厚木市の生まれ。小学5年生の時に母親の勧めで劇団に入り、芸能活動を始める。日本テレビ『奇跡の人』98、テレビ東京『田舎で暮らそうよ』99、NHK『鯨を見た日』99、テレビ朝日『YASHA/夜叉』00などのテレビドラマで子役として活躍し、2000年の山崎貴監督のデビュー作「ジュブナイル」では、不思議なロボットと出会う12歳の主人公・坂本祐介を演じて注目された。その後は、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』01、同局『少年たち3』02、『蝉しぐれ』03、日本テレビ『サイコドクター』02、『伝説のマダム』03、フジテレビ『めだか』04、『1リットルの涙』05などのテレビドラマに精力的に出演。子役から青年俳優への脱皮を計りつつ、片嶋一貴監督「ハーケンクロイツの翼」04、廣木隆一監督「ラマン」05、神野太監督「ドリフト」06、篠原哲雄監督「地下鉄(メトロ)に乗って」06などの映画で演技の幅を広げていく。さらなる飛躍の年となったのは、06年。五十嵐貴久の小説『2005年のロケットボーイズ』をドラマ化したテレビ東京『ロケットボーイズ』で、小型の人工衛星を設計することになる素行不良の高校生を演じてドラマ初主演を果たす。フジテレビ『ザ・ヒットパレード/芸能界を変えた男・渡辺晋物語』では沢田研二役を演じ、同局『のだめカンタービレ』では、主人公を一方的にライバル視する指揮者役でコミカルな演技を披露。その後も、NHK大河ドラマ『篤姫』08、テレビ朝日『打撃天使ルリ』08、フジテレビ『一瞬の風になれ』08、『ヴォイス・命なき者の声』『白い春』09、『まっすぐな男』『パーフェクト・リポート』10などのテレビドラマに出演する一方、大野伸介監督の青春映画「シャカリキ!」08では自転車部の高校生役で主演をつとめ、体脂肪が7%になるほどのトレーニングを積んで役作りをした。また、ワタナベエンターテインメント所属の若手俳優によるユニット“D-BOYS”には、柳浩太郎らとともに04年の発足時から参加しており、現在もリーダーをつとめている。D-BOYSのメンバーが多く出演している『ミュージカル/テニスの王子様』では、『Dream Live 1st』04から『Dream Live 2nd』05までの5公演で主人公の越前リョーマ役を演じた。そのほか『夢の小箱にリボンをかけて』05、『OUT OF ORDER/偉人伝心』07、朗読劇『LOVE LETTERS』11など舞台出演も多い。

キネマ旬報の記事