男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

山崎貴

  • Takashi Yamazaki
  • 監督/脚本/VFX
本名
出身地 長野県松本市
生年月日 1964/06/12
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【VFXを武器にリアルな映像で非現実を構築する視覚派】長野県松本市の生まれ。13歳の時に「スター・ウォーズ」と「未知との遭遇」を見て特撮マンになろうと決意し、阿佐ヶ谷美術専門学校を卒業後の1986年に、日本のVFXスタジオの草分けである“白組”に入社した。ミニチュア製作等を経て、「大病人」(93)、「怖がる人々」(94)、「エコエコアザラク」(95)、「スーパーの女」(96)、「パラサイト・イヴ」(97)などの映画でデジタル合成やSFXを担当。しかし、VFXマンとして活躍するうちに、一本の映画すべての映像面をコントロールしたいと考えるようになり監督を指向、オリジナル企画の『鵺(ぬえ)』が制作会社“ROBOT”の阿部秀司社長の目に留まり、監督デビューが決まった。莫大な製作費が見込まれる『鵺』に代わってデビュー作となったのが、2000年の「ジュブナイル」。少年少女と未来からやって来たロボットとの交流を描いた近未来SFで、監督・脚本・VFXを兼務した山崎は、従来の日本映画にはなかった高度なビジュアル・イメージを展開させた。続く第2作「リターナー」(02)もタイムトラベルが題材のSFアクションだったが、一転、昭和30年代の東京の風景をVFXで描出した「ALWAYS/三丁目の夕日」3部作(05・07・12)では、CGをCGと感じさせない自然な映像表現でVFXの新たな可能性を拡げた。続く「BALLAD/名もなき恋のうた」(09)ではさらに過去に遡って時代劇に挑戦。VFXを多用して、よりリアリズムに徹した戦国時代の合戦描写を実現させた。阿佐ヶ谷美術専門学校時代の同級生だった映画監督・佐藤嗣麻子と結婚。すでにいくつかの作品で共同作業は経験済みで、「SPACE BATTLESHIPヤマト」(10)も山崎監督・佐藤脚本の夫婦コンビである。【日本のVFXマンの第一人者】日本に“VFX(視覚効果)”という言葉を定着させた第一人者であり、CG畑からの監督進出という道筋を切り拓いた先駆的な存在。数々の映画でVFXを担当してきた経験を活かし、映画ファンとしてハリウッド製SFに親しんできた感性からも、まずはVFXを多用する近未来SF作品で演出家としての持ち味を発揮した。転機となったのは、同じようにVFXを多用しながらもそれを近未来的なガジェットに用いるのではなく、失われた過去の情景の再現に費やした「ALWAYS」3部作。観客に昭和のノスタルジーを喚起させ興行的にも大成功を収めて、監督としてのイメージも大きく転換させた。「ALWAYS」で確立されたリアリズムとしてのVFX表現においては、時代劇「BALLAD」でも顕著なように、他の追随を許さぬ先駆者としての筆力に磨きがかかっている。「VFXこそが監督としての最大の武器」と自身も語る通り、ほかのどんな監督にも使いこなせない視覚表現の手段を持っているのは山崎の強みだが、だからこそ、VFXに頼らない部分の演出力が今後も勝負の鍵となる。

キネマ旬報の記事

2019年8月上旬号

「アルキメデスの大戦」:インタビュー 山﨑貴[監督・脚本・VFX]

2017年12月下旬号

「DESTINY 鎌倉ものがたり」:インタビュー 山崎貴[監督]

2016年12月下旬号

「海賊とよばれた男」:インタビュー 山崎貴[監督] 立派な人を描く伝記映画にはしない

2015年5月上旬号

「寄生獣 完結編」の帰結:インタビュー 山崎貴[監督] 合わせ鏡の構造で人の在り様を問う Text by 山下慧 126989

2015年3月下旬映画業界決算特別号

2014年映画業界総決算 第3部 業界決算ワイド特集 映画界はめまぐるしく動いている:山崎貴監督、史上初の快挙

2014年12月上旬号

【巻頭特集】“伝説”が映画になる「寄生獣」:対談 山崎貴[監督]×大森望[翻訳家]

2014年9月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「永遠の0」インタビュー 山崎貴(監督)

2012年2月上旬特別号

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」:山崎貴[監督]インタビュー リアルな時代でなく、記憶の中の昭和を

2011年8月上旬号

巻頭特集「コクリコ坂から」 なぜ映画は60年代を描くのか:対談 宮崎吾朗(「コクリコ坂から」監督)×山崎貴(「ALWAYS 三丁目の夕日'64」監督) 当時を知らない世代が向きあったその時代

2011年4月下旬号

新作待機中!2011年下半期、期待の映画監督20人:山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日'64」

2010年11月下旬号

巻頭特集 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」:山崎貴監督インタビュー

2009年9月下旬号

巻頭特集「BALLAD 名もなき恋のうた」:対談 山崎貴×原恵一

巻頭特集「BALLAD 名もなき恋のうた」:「BALLAD 名もなき恋のうた」における山崎貴の進化論

2007年11月上旬特別号

巻頭特集 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」:山崎貴[監督・脚本・VFX] インタビュー

2007年1月上旬特別号

特別対談 「鉄コン筋クリート」:マイケル・アリアス×山崎貴

2006年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:読者選出日本映画監督賞 山崎貴

2005年11月下旬号

巻頭特集 俳優 吉岡秀隆:俳優 吉岡秀隆を語る 山崎貴

特集 「ALWAYS 三丁目の夕日」:山崎貴監督 インタビュー

2005年7月下旬号

特集 「HINOKIO」:対談 秋山貴彦監督(「HINOKIO」)×山崎貴監督(「ジュブナイル」「Returnerリターナー」)

2002年9月上旬号

巻頭特集 「リターナー」:監督対談 山崎貴(「リターナー」監督)×曽利文彦(「ピンポン」監督)