男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

天外者(てんがらもん)

  • てんがらもん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    74.2点(214人)

  • 観たひと

    276

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル 伝記 / 歴史劇
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020/12/11
上映時間 109分
製作会社 「五代友厚」製作委員会(五代友厚プロジェクト=廣田稔法律事務所=鹿児島テレビ放送=奈良新聞社=EQWELチャイルドアカデミー=日本フォーラム=エリアワンエンタープライズ=川口建=岩崎産業)(制作プロダクション:クリエイターズユニオン/制作協力:松竹撮影所)
配給 ギグリーボックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督田中光敏 
脚本小松江里子 
製作総指揮廣田稔 
撮影山本浩太郎 
美術原田哲男 
音楽大谷幸 
録音松本昇和 
照明香川一郎 
編集川島章正 
題字紫舟 

キャスト

出演三浦春馬 五代友厚
三浦翔平 坂本龍馬
西川貴教 岩崎弥太郎
森永悠希 伊藤博文
森川葵 はる
迫田孝也 大久保利通
宅間孝行 
丸山智己 勝海舟
徳重聡 島津久光
榎本孝明 
筒井真理子 五代やす
内田朝陽 五代徳夫
八木優希 きく
ロバート・アンダーソン トーマス・グラバー
かたせ梨乃 料亭女将
蓮佛美沙子 五代豊子
生瀬勝久 五代秀尭

(C)2020「五代友厚」製作委員会

場面

予告編


     

解説

2020年に急逝した三浦春馬が、薩摩藩士・明治政府役人を経て商都・大阪の基礎を作った実業家・五代友厚を演じた歴史群像劇。攘夷か開国か、国が揺れ動く中、五代は世界に目を向け、誰もが夢見ることのできる国をつくるため坂本龍馬ら盟友たちと志を共にする。天外者(てんがらもん)とは、鹿児島の方言で“すごい才能の持ち主”のこと。五代の盟友・坂本龍馬を「ひるなかの流星」の三浦翔平が、後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎をミュージシャンの西川貴教が、伊藤博文を「小さな恋のうた」の森永悠希が演じる。「利久にたずねよ」「海難1890」の田中光敏監督と脚本家・小松江里子が再び組み、近代日本の夜明けと大いなる目標に向かう偉人たちの青春を描く。

あらすじ

江戸末期、ペリーが来航し日本に激震が走る中、大勢の侍に命を狙われる五代才助、後の友厚(三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)が全速力で駆け抜けていく。この時、新しい時代の到来を察知し日本の未来を見据える二人の人生が重なり始めた。攘夷か、開国か、国は大きく揺れていたが、内輪揉めには目もくれず、世界に目を向ける五代。遊女のはる(森川葵)と出会い自由な夢を見たいという思いに突き動かされた彼は、誰もが夢見ることのできる国をつくるため、坂本龍馬、岩崎弥太郎(西川貴教)、伊藤博文(森永悠希)らと志を共にする。

関連するキネマ旬報の記事

2021年1月上・下旬合併号

REVIEW 日本映画&外国映画:「天外者」

2020年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「天外者(てんがらもん)」