男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

丸山智己

  • Tomomi Maruyama
  • 出演
本名
出身地 長野県
生年月日 1975/03/27
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

長野県の生まれ。長野県上田東高校を卒業後、モデルとして芸能界に入り、マーク・ジェイコブス、コム・サ・デ・モード・メンなどのファッションショーや、『POPEYE』『anan』などの雑誌で活躍する。モデル活動と並行して、三池崇史監督「オーディション」00、犬童一心監督「金髪の草原」00などの映画に出演するほか、TBS『木更津キャッツアイ』02、日本テレビ『ナースマンがゆく』04などのテレビドラマに脇役で出演して徐々に俳優業の比重も大きくなっていく。2003年に出演したJT『セブンスター』の広告が大谷健太郎監督の目に留まり、05年公開の「NANA」で、スキンヘッド姿の頼りがいのある沈着冷静なドラマー・ヤス役に抜擢される。06年の続編でも再びヤス役を演じ、以後も、佐藤祐市監督「シムソンズ」06の強豪カーリングチームのコーチ、蜷川実花監督「さくらん」07の土屋アンナ演じる花魁の客、是枝裕和監督「空気人形」09の小学生の娘とともに帰らない妻を待つ父親役などで、脇役ながら存在感を発揮する。さらに、堤幸彦監督「20世紀少年/最終章・ぼくらの旗」09、佐藤東弥監督「カイジ・人生逆転ゲーム」09などを経て、10年の波多野貴文監督「SP/野望篇」では、岡田准一演じる主人公と激しいアクションを繰り広げるスーツ姿の冷徹なテロリスト役で、短い出番ながら強烈な印象を残した。テレビドラマでは、日本テレビ『神はサイコロを振らない』06の駆け落ちしたカップルの男、『マイ☆ボス・マイ☆ヒーロー』06の長瀬智也演じる主人公と対立するやくざの幹部、『ホタルノヒカリ』07のお調子者の営業マンなどで徐々に注目を集め、フジテレビ『あしたの、喜多善男』08で演じた、生瀬勝久とコンビを組むちょっと間の抜けた探偵役で持ち味を活かした。強面から三枚目まで幅広くこなし、以後も、TBS『Around 40/注文の多いオンナたち』08、フジテレビ『メイちゃんの執事』『BOSS』09、『ジョーカー・許されざる捜査官』10、『絶対零度』10・11などに出演を重ねる。また、青木崇高、尚玄らと劇団“REBOUND GLAMOUR”を起ち上げ、『SHANDYGAFF STRANGER』04などの公演を行なうが、07年に解散。G2演出『開放弦』06、蜷川幸雄演出『血は立ったまま眠っている』10、『血の婚礼』11など舞台出演も多い。

キネマ旬報の記事