男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

沈黙 サイレンス

  • ちんもくさいれんす
  • SILENCE
  • SILENCE
  • 平均評点

    79.3点(1007人)

  • 観たひと

    1383

  • 観たいひと

    234

  • レビューの数

    180

基本情報

ジャンル 文芸 / ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017/1/21
上映時間 165分
製作会社
配給 KADOKAWA
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

予告編


     

解説

信仰を追究した遠藤周作の代表作を、マーティン・スコセッシ監督が構想28年を経て映画化。師がキリシタン弾圧に屈したとの報を受けた司祭ロドリゴは長崎に潜入。幕府の厳しい取締りや裏切りに直面し囚われの身となり、信仰か信者たちの命か選択を迫られる。司祭ロドリゴ役の「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド、棄教した宣教師フェレイラ役の「96時間」のリーアム・ニーソンに加え、窪塚洋介や浅野忠信らが参加。

あらすじ

17世紀。江戸初期頃の日本では、幕府により厳しいキリシタン弾圧が行われていた。日本での布教活動に情熱を注いでいた高名な宣教師フェレイラが捕らえられ棄教したとの報に接した弟子ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きでマカオ経由で長崎に潜入。そこでは、想像を絶する光景が広がっていた。弾圧の目をかいくぐった隠れキリシタンたちの現状も目の当たりにする。幕府は一層取締りを強化、キチジローの裏切りに遭い、ロドリゴたちも捕らえられてしまう。頑なに信心を曲げないロドリゴに対し、長崎奉行は彼のために犠牲になる人々を突き付ける。信仰を貫くべきか、棄教し目の前の人々の命を守るべきか。追い詰められ自身の弱さを実感したロドリゴは、選択を迫られる。

関連するキネマ旬報の記事

2017年3月下旬映画業界決算特別号

読者の映画評:「沈黙―サイレンス―」井口祐介/「沈黙―サイレンス―」井上繁/「聖杯たちの騎士」松本ひろみ

2017年3月上旬号

映画を見ればわかること:第355回 スコセッシ「沈黙―サイレンス―」の木彫りのキリスト像のこと

読者の映画評:「本能寺ホテル」金子順子/「ヒトラーの忘れもの」原田隆司/「沈黙 -サイレンス-」小田拓

2017年2月上旬号

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:インタビュー 窪塚洋介 "人間的な聖なるものを感じて"

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:インタビュー 浅野忠信 もっと自由に、そして複雑な表現を

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:インタビュー マーティン・スコセッシ[監督] 今だからこそ語られるべきテーマ

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバーへの7つの質問

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:特別寄稿■塚本晋也の「沈黙」巡礼記

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:「沈黙―サイレンス―」が語りかけるもの―原作の視点から

スコセッシ、映画の神に問う! 「沈黙-サイレンス-」:なにしろ「沈黙」は大きな物語である

UPCOMING 新作紹介:「沈黙―サイレンス―」

REVIEW 日本映画&外国映画:「沈黙―サイレンス―」

2016年12月下旬号

マーティン・スコセッシ、早口で饒舌!:高松宮殿下記念世界文化賞受賞と「沈黙ーサイレンスー」