男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

洞口依子

  • Doguchi Yoriko
  • 出演/音楽
本名
出身地 東京都武蔵野市
生年月日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都武蔵野市の生まれ。高校時代に『週刊朝日』の表紙を飾り、EPICソニー・スターメイキングコンテストに優勝して芸能界入り。篠山紀信撮影による雑誌『GORO』のヌードグラビア等で注目を集め、1985年の黒沢清監督「ドレミファ娘の血は騒ぐ」で、大学の心理学ゼミで“恥じらい理論”の実験台にされるヒロイン・秋子を可憐に演じ、そのフワフワした存在感が注目される鮮烈な女優デビューを飾った。ここで共演した伊丹十三の監督作品に「タンポポ」85、「マルサの女2」88、「あげまん」90と相次いで起用され、黒沢監督とも「地獄の警備員」92、「勝手にしやがれ!!」6部作95~96、「CURE」97、「ニンゲン合格」99、「カリスマ」00と折々で共闘が続く。ほか、金秀吉監督「君は裸足の神を見たか」86、横山博人監督「フリーター」87、小水一男監督「ほしをつぐもの」90、園子温監督「部屋/THE ROOM」94などで印象を残す。テレビドラマは86年、久世光彦演出のTBS『女の人差し指』で初出演し、以降、フジテレビ『時にはいっしょに』86、『愛という名のもとに』92、NHK『炎立つ』93、『武蔵/MUSASHI』03、TBS『オトコの居場所』94、『パパサヴァイバル』95、『ふぞろいの林檎たちⅣ』97などでお茶の間にも定着する。97年にNHKディレクターの葛西弘道と結婚。2000年代に入ってからも映画、ドラマで活躍を続けていたが、04年1月に子宮頸癌を告知され、子宮と卵巣の全摘出手術を受けた。術後の後遺症との過酷な闘病を経て、06年のネット配信シネマ『探偵事務所5』にて女優復帰。呉美保監督「酒井家のしあわせ」06、冨永昌敬監督「パンドラの匣」09などの映画や、民放各局の2時間サスペンスを中心に女優活動を続ける傍ら、子宮頸癌の予防を呼びかけるイベント等にも積極的に参加している。

キネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn

映画が知っているたいせつなこと:洞口依子〈女優〉×中原昌也〈音楽家、映画評論家etc〉「監督・黒沢清には確固たる世界観がある。それはどこの国で撮っても変わらない「ダゲレオタイプの女」」

1991年10月下旬号

ビデオ:Knock on the People 洞口依子