男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

3月のライオン 前編

  • さんがつのらいおんぜんぺん
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.7点(501人)

  • 観たひと

    664

  • 観たいひと

    134

  • レビューの数

    68

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2017/3/18
上映時間 139分
製作会社 映画『3月のライオン』製作委員会(アスミック・エース=東宝=白泉社=アミューズ=アニプレックス=朝日新聞社=KDDI=電通=ロボット=毎日新聞社=GYAO=Hulu=ジェイアール東日本企画)(制作プロダクション:アスミック=エース=ロボット)
配給 東宝 アスミック・エース
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督大友啓史 
将棋監修先崎学 
脚本岩下悠子 
渡部亮平 
大友啓史 
原作羽海野チカ:(『3月のライオン』(白泉社刊・ヤングアニマル連載))
エグゼクティブプロデューサー豊島雅郎 
上田太地 
友田亮 
プロデューサー谷島正之 
竹内文恵 
守屋圭一郎 
キャラクターデザイン澤田石和寛 
撮影山本英夫 
美術古積弘二 
装飾渡辺大智 
音楽菅野祐悟 
主題歌ぼくのりりっくのぼうよみ:(『Be Noble (re-build)』(コネクトーン))
録音湯脇房雄 
音響効果大河原将 
照明小野晃 
編集早野亮 
衣裳デザイン澤田石和寛 
ヘアメイクデザイン・ヘアーチーフShinYa 
ミュージックエディター石井和之 
ライン・プロデューサー梅本竜矢 
助監督長野晋也 
VFXスーパーバイザー小坂一順 

キャスト

出演神木隆之介 桐山零
佐々木蔵之介 島田開
伊藤英明 後藤正宗
加瀬亮 宗谷冬司
倉科カナ 川本あかり
清原果耶 川本ひなた
新津ちせ 川本モモ
前田吟 川本相米二
有村架純 幸田香子
豊川悦司 幸田柾近
高橋一生 林田高志
岩松了 神宮寺崇徳
斉木しげる 柳原朔太郎
中村倫也 三角龍雪
尾上寛之 松本一砂
奥野瑛太 山崎順慶
甲本雅裕 安井学
板谷由夏 川本美咲
染谷将太 二海堂晴信

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

予告編


     

解説

将棋を題材にした羽海野チカの同名コミック実写化二部作前編。中学生で異例のプロ棋士デビューを果たした桐山零。若き天才と言われる一方で、家族も居場所もない孤独な彼は、川向うに住む川本三姉妹はじめ温かな人々との交流や数々の対局を経て成長していく。監督は「るろうに剣心」シリーズの大友啓史。苦悩しながら再生していく主人公を「バクマン。」の神木隆之介が演じるほか、佐々木蔵之介、倉科カナ、染谷将太らが出演。激しくぶつかり合う将棋の世界

あらすじ

桐山零は幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士・幸田に引き取られた。居場所を求めるように将棋を指し続け、中学生にしてプロ棋士になったものの、幸田家を出ざるをえない状況になる。東京の下町にひとりで暮らし、深い孤独を抱えたある日、川向こうに住む川本家の三姉妹と出会う。彼女たちのにぎやかな食卓に混ざった桐山は、そこに居場所を見出していった。様々な人との交流、そして様々な人生を背負った棋士との出会いと闘いが、桐山を変えていく。

関連するキネマ旬報の記事

2017年4月上旬号

青春はいつも熱戦 「3月のライオン」:Interview 神木隆之介 “一見おとなしそうだけど、実はそうでもない”をどう体現するか

青春はいつも熱戦 「3月のライオン」:Interview 大友啓史[監督] 自分もが青春時代に感じたことを映画に

青春はいつも熱戦 「3月のライオン」:Interview 先崎学[棋士] よくぞ棋士の代弁をしてくれた「俺には将棋しかないんだ」

青春はいつも熱戦 「3月のライオン」:Column 原作ファンが気になるあの人、あのシーンの実写化は!?

青春はいつも熱戦 「3月のライオン」:主人公・零の心境を語る聖地

青春はいつも熱戦 「3月のライオン」:Critique 大友作品らしい人間ドラマと映像の美学

REVIEW 日本映画&外国映画:「3月のライオン 前編」

2017年3月下旬映画業界決算特別号

UPCOMING 新作紹介:「3月のライオン 前編」