男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

板谷由夏

  • Itaya Yuka
  • 出演
本名
出身地 福岡県
生年月日 1975/06/22
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

福岡県生まれ。福岡女学院大学短期大学部卒業。1994年より『PeeWee』誌の専属モデルとして活躍したほか、歌手としてシングルもリリース。96 年、NHK 教育『イタリア語会話』の生徒役でテレビに出演。99 年、大谷健太郎監督に抜擢された「avec mon mari」の麻生美都子役で映画主演デビューを果たし、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞に輝く。2001 年の高橋伴明監督「光の雨」などの出演を経て、02 年、CF ディレクターの石川寛が映画初監督をつとめた「tokyo.sora」では脚本のない即興的演出に応え、昼間は美容師見習い、夜はランジェリーパブで働く女性の底知れぬ孤独を哀感豊かに演じた。内田けんじ監督の長篇デビュー作でカンヌ国際映画祭などで高い評価を受けた「運命じゃない人」05 では、ごくごく平凡でお人好しの主人公を翻弄する奔放な悪女を茶目っ気たっぷりに演じ、毎日映画コンクール助演女優賞に輝く。篠原哲雄監督の官能的なラブロマンス「欲望」05 ではヌードも辞さぬ大胆な演技に挑んで女優として新たな一面を開花させ、タイプの異なる2作品で飛躍の年となった。07 年、青山真司監督「サッドヴァケイション」では、自分を捨てた母親に復讐を誓う主人公に安らぎを与える恋人役で豪華競演陣によるアンサンブルの一角を担い、高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞した。テレビドラマも、99 年のフジテレビ『パーフェクトラブ!』以降、コンスタントに出演。近年は、派遣社員と張り合う正社員に扮した日本テレビ『ハケンの品格』06、恋にも仕事にも情熱的な先輩社員を好演した同局『ホタルノヒカリ』07、『同・2』10、大河ドラマ初出演となるNHK『篤姫』08 など、颯爽としたキャラクターが当たり役となるが、09 年の日本テレビ『アイシテル・海容』では、殺害された息子への罪悪感に苦悩しつつ加害者の母親の心も慮る主婦の複雑な心情を目細やかに演じ、演技力に磨きをかけた。近作にNHK『八日目の蝉』、フジテレビ『流れ星』10 など。07 年より日本テレビの報道番組『NEWS ZERO』にキャスターとして出演。結婚・出産を経験し、子育てをしながら働く主婦としての視線から、生活に根差した身近なテーマを自ら取材して好評を得ている。

キネマ旬報の記事

2005年12月上旬号

HOT SHOTS:板谷由夏

1999年3月下旬号

HOT SHOTS:板谷由夏

1958年10月上旬40年記念号

新映画評:愛する時と死する時