男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アンダルシア 女神の報復

  • あんだるしあめがみのほうふく
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.5点(299人)

  • 観たひと

    503

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / アクション
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011/6/25
上映時間
製作会社 フジテレビジョン=東宝=電通=ポニーキャニオン=日本映画衛星放送=アイ・エヌ・ピー
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

出演織田裕二 黒田康作
黒木メイサ 新藤結花
伊藤英明 神足誠
戸田恵梨香 安達
谷原章介 川島
夏八木勲 
特別出演鹿賀丈史 
福山雅治 佐伯

解説

「アマルフィ 女神の報酬」に続き、織田裕二演じる外交官、黒田康作が活躍するサスペンスシリーズ劇場版第2弾。日本人殺人事件の調査でスペインを訪れた黒田が、国際テロ組織の陰謀に巻き込まれてゆく。共演は「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の黒木メイサ、「THE LAST MESSAGE 海猿」の伊藤英明。

あらすじ

スペイン北部に隣接する小国アンドラで、日本人投資家、川島(谷原章介)の遺体が発見される。国際会議の準備でパリを訪れていた外交官、黒田康作(織田裕二)は、事態把握のために調査を命じられ、2人の事件関係者と出会う。遺体の第一発見者であるビクトル銀行行員の新藤結花(黒木メイサ)と、事件を担当するインターポール捜査官の神足誠(伊藤英明)。多くを語らず、何かに怯える結花と、捜査情報を隠そうとする神足。実は、2人は過去の事件をきっかけに、心に闇を抱えていたのだ。結花を保護するために黒田の同僚の外交官、安達(戸田恵梨香)が駐在するバルセロナの日本領事館に向かった3人は、正体不明の武装グループから襲撃される。襲撃犯の正体が国際テロ組織ではないかと恐れる結花。事件に何か裏があると確信した黒田は、馴染みのジャーナリスト佐伯(福山雅治)から得た情報を元に、国際テロ組織によるマネー・ロンダリング=資金洗浄と投資家殺人との関連について調査を進める。一方、神足はビクトル銀行のブローカーがアンダルシア地方で巨額の不正融資を行なっているとの情報を得る。仕組まれた罠、錯綜する情報、そして隠された秘密とは何か……?真相を追ってアンダルシアに向かう黒田に、ついに任務中止の命令が下される。アンダルシアで3人を待ち受ける運命とは……?

関連するキネマ旬報の記事

2011年8月上旬号

読む、映画:「アンダルシア 女神の報復」

2011年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「アンダルシア 女神の報復」

2011年7月上旬号

グラビア特集 織田裕二 in 「アンダルシア 女神の報復」:織田裕二インタビュー

UPCOMING 新作紹介:「アンダルシア 女神の報復」