男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

鹿賀丈史

  • Takeshi Kaga
  • 出演
本名 勝田薫且(しげかつ)
出身地 石川県金沢市
生年月日 1950/10/12
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

石川県金沢市の生まれ。本名・勝田薫且(しげかつ)。県立金沢二水高校在学中から声楽を学び、東京芸術大学声楽科を目指すが、卒業後に方向転換して劇団四季の演劇研究所へ進む。在籍2年目の1973年に『ジーザス・クライスト=スーパースター』の主役に抜擢されると、以後、79年に退団するまで劇団の主力として活躍した。78年のNHK大河ドラマ『黄金の日日』で、テレビドラマ初出演。戦国時代の貿易商・呂宋助左衛門の生涯を描いた作品で、キリシタン大名の高山右近を演じる。映画は、村川透監督のハードボイルド「野獣死すべし」80で、松田優作演じる主人公の相棒として犯罪の道を突き進む冷酷無比な男を演じ、鮮烈な印象を与えた。翌81年には篠田正浩監督「悪霊島」に名探偵・金田一耕助役で初主演。とぼけた味わいを交えて好演し、続く野村芳太郎監督「疑惑」82ではチンピラの豊崎役で軽薄な芝居も披露、芸域の広さをアピールした。この年、エランドール賞新人賞を受賞。その後も、和田誠監督「麻雀放浪記」84、滝田洋二郎監督「木村家の人びと」88、金子修介監督「卒業旅行・ニホンから来ました」93などで一筋縄では行かないキャラクターを次々と怪演。テレビドラマにも積極的に出演し、石田三成を演じたNHK大河ドラマ『徳川家康』83、西田敏行とのW主演で大久保利通を演じた同局『翔ぶが如く』90のほか、日本テレビ『ジャングル』87、『静かなるドン』94~96、『女医』99、フジテレビ『振り返れば奴がいる』93、『ファイヤーボーイズ・め組の大吾』04、テレビ朝日『恋愛中毒』00などで活躍する。また、93年に始まったフジテレビの料理対決バラエティ『料理の鉄人』では、料理人が対決するキッチンスタジアムの主宰という設定で司会進行を担当し、そのオーバーアクトぶりが人気を呼んだ。舞台出演もハイペースでこなし、『レ・ミゼラブル』87~00、『ジキル&ハイド』01~07などが好評を博す。近年も、金子監督「デスノート」06、犬童一心監督「ゼロの焦点」09などで好助演。若い俳優たちを現場で支え、作品に重厚感を与える存在として実力を発揮している。

キネマ旬報の記事

2005年6月下旬号

フロント・インタビュー:鹿賀丈史

1996年8月上旬号

FACE:鹿賀丈史