男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ばかもの

  • ばかもの
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    69.1点(91人)

  • 観たひと

    151

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/12/18
上映時間 120分
製作会社 「ばかもの」製作委員会(制作プロダクション 東北新社クリエイツ/制作協力 ブースタープロジェクト)
配給 ゴー・シネマ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督金子修介 
脚本高橋美幸 
原作絲山秋子:(新潮社刊)
製作総指揮植村伴次郎 
エグゼクティブプロデューサー奥山和由 
プロデューサー沖元良 
中林千賀子 
撮影釘宮慎治 
美術高橋俊秋 
音楽MOKU 
主題歌shela:(「めぐり逢い」)
録音尾崎聡 
照明田辺浩 
編集洲崎千恵子 

キャスト

出演成宮寛貴 大須秀成
内田有紀 吉竹額子
白石美帆 翔子
中村ゆり 山根ユキ
浅見れいな ヒデの姉
岡本奈月 メグミ
浅田美代子 ヒデの母
小林隆 ヒデの父
池内博之 加藤
古手川祐子 額子の母

解説

「ドロップ」の成宮寛貴と「クワイエットルームにようこそ」の内田有紀共演で贈る恋愛ドラマ。気ままな大学生と強気な年上の女性の出会いと別れ、そして変わり果てた姿での10年後の再会を通して、決して離れることのできない男女の不器用な愛を描く。芥川賞作家、絲山秋子の小説を「プライド」の金子修介監督が映画化。

あらすじ

群馬県高崎市。地元の大学に通い、気ままな生活を送る19歳の“ヒデ”こと大須秀成(成宮寛貴)は、近所のおでん屋“よしたけ”で、店の女将(古手川祐子)の娘、27歳の吉竹額子(内田有紀)と出会う。数日後、偶然同じバイト先で働いていた2人は再会。その日、額子はヒデを部屋に連れ込み、半ば強引に童貞を奪ってしまう。年上女性の奔放さに戸惑いながらも、額子にのめりこんでいくヒデ。だが、2人の別れは突然だった。ある夜、額子は公園の木に後ろ手にヒデを縛り付け、彼の下着を降ろす。そして長いキスをすると、額子は唐突に結婚を決めたことを告げ、ヒデをその場に放置して去っていく。茫然自失のヒデ。大学卒業、そして就職と生活は変わっていく。ヒデは友人の加藤(池内博之)の紹介で知り合った翔子(白石美帆)と暮らし始める。額子とは違い、清楚で真面目な翔子。だが、ヒデの虚しさは募るばかりだった。それを紛らわすかのように、酒に溺れていく。やがて会社で疎まれ、恋人や友人も周囲から去っていく。仕事を休んで部屋で酒を飲み続ける息子の姿を見て、涙する母(浅田美代子)。それでもヒデの酒量は増える一方で、姉の結婚式では泥酔して暴れ、会社も辞める羽目に。そしてとうとう、飲酒運転で交通事故を起こしてしまう。これを機にようやく、ヒデはアルコール依存症の治療を受けるようになり、苦しみながらも快復していく。中華料理屋でバイトを始め、踏み出す新しい一歩。そんなある晩、ヒデは額子の母親と再会。額子の様子を耳にする。幼かった頃、そしてヒデと別れてからの惨い運命。額子と出会ってから10年もの歳月が流れていた。額子に会いたい。気持ちを抑えられないヒデは、彼女の住む街へ向かう。待ち合わせのバス停に佇む額子。その姿は変わり果てていた。それでも、忘れられなかった2人の10年に渡る想いが溢れ出す……。

関連するキネマ旬報の記事

2011年1月下旬号

評論家発映画批評:「ばかもの」

2011年1月上旬号

REVIEW 日本映画:「ばかもの」

評論家発映画批評:「ばかもの」

UPCOMING 新作紹介:「ばかもの」

2010年12月下旬号

INTERVIEW:金子修介「ばかもの」監督