男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

瞬 またたき

  • またたき
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    51.0点(75人)

  • 観たひと

    139

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2010
公開年月日 2010/6/19
上映時間 110分
製作会社 「瞬」製作委員会(制作プロダクション アルタミラピクチャーズ)
配給 S・D・P
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督磯村一路 
脚本磯村一路 
原作河原れん:(幻冬舎刊)
製作細野義朗 
桝井省志 
プロデューサー岩倉達哉 
堀川慎太郎 
撮影柴主高秀 
美術新田隆之 
装飾藤田徹 
音楽渡辺俊幸 
主題歌:(「会いたいから」Sony Music Records)
録音滝澤修 
照明豊見山明長 
編集菊池純一 
キャスティング南谷夢 
アシスタントプロデューサー高橋樹里 
製作担当高橋誠喜 
助監督安達耕平 
記録柳沼由加里 

キャスト

出演北川景子 園田泉美
大塚寧々 桐野真希子
岡田将生 河野淳一
永島暎子 河野沙恵子
深水元基 園田ツカサ
千崎若菜 桐野涼子
清水美沙 堀川早紀
田口トモロヲ 小木啓介
徳井優 下平巡査
森下能幸 担当医師
ジョニー吉長 入院患者
菅井きん 老婦人
史朗 園田登

解説

「花のあと」の北川景子、「アマルフィ 女神の報酬」の大塚寧々、「重力ピエロ」の岡田将生共演のラブストーリー。恋人と共に交通事故に遭い、1人だけ生き残った女性が、苦しみながらも失った事故の記憶を取り戻そうとする姿を描く。原作は「余命」の脚本を手掛けた河原れんの同名小説。監督は「解夏」の磯村一路。

あらすじ

花屋で働く泉美(北川景子)はある日、配達に訪れたショッピングモールで、美大生の淳一(岡田将生)と出会う。予想外のトラブルに見舞われた微笑ましい出会いだったが、互いに惹かれあい、交際が始まる。デートと喧嘩を繰り返し、時間と共に深まってゆく2人の絆。幸福な日々は、このままずっと続くと信じていた。だがある春の日、バイクで出掛けた2人を突然、交通事故という悲劇が襲う。病院のベッドで目覚める泉美。だがその横に淳一の姿はなかった……。1人生き残った泉美は、2人でいた最期の記憶を失っていることに気付き、呆然とする。事故後、メンタルクリニックに通うようになる泉美。父、登(史朗)や兄ツカサ(深水元基)の心配を知りながらも、以前のような笑顔を見せることはなくなっていた。淳一とのかけがえのない思い出を全て残しておくために、最期の記憶を何としても取り戻したいと願う泉美。だが医師の小木(田口トモロヲ)は、無理をしないようにと静かに諭すのだった。そんなある日、泉美はクリニックに通う弁護士の真希子(大塚寧々)と出会う。彼女の協力を得て、失われた記憶を辿る泉美。だが、そこで浮き彫りになるのは事故現場の凄惨さや淳一の生々しい傷跡……。泉美の神経は限界まで追い詰められ、何度も逃げ出しそうになる。そんな泉美を、真希子は厳しい言葉で叱咤激励する。真希子もまた、過去の苦い思い出を胸に秘めていた。故郷に残してきた妹に、どことなく面影の似た泉美を放っておけなかったのだ。あの日、あの一瞬に何が起きたのか?真実を知る恐怖と葛藤しながらも、封じ込められた記憶を辿っていくと、そこには彼が最期の一瞬に込めた愛の軌跡が隠されていた……。

関連するキネマ旬報の記事