男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

大塚寧々

  • Otsuka Nene
  • 出演
本名
出身地 東京都
生年月日 1968/06/14
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都の生まれ。日本大学藝術学部写真学科在学中の1988年に、雑誌『週刊朝日』の表紙を飾り、それがきっかけでモデルとして活動を始める。翌89年、カネボウ化粧品の夏のキャンペーンガールに選ばれる。女優デビューは92年のフジテレビのドラマ『君のためにできること』で、さらに94年の「第2回欽ちゃんのシネマジャック」で上映された萩本欽一監督の短篇『やさしい嵐』で映画初出演も果たす。以降も竹中直人監督「119」94、松岡錠司監督「トイレの花子さん」95、岩井俊二監督「スワロウテイル」96などに出演するが、活動のメインとなったのはテレビドラマで、多重人格の教師を演じて女優開眼したフジテレビ『スキャンダル』93のほか、同局『いつかまた逢える』95、NHK『毛利元就』97、日本テレビ『サイコメトラーEIJI』97、『ストレートニュース』00、テレビ朝日『YASHA/夜叉』00などで、しなやかな感性を磨いていく。映画では、当摩寿史監督「うつつ」02で主人公の妻・公美子役、平山秀幸監督「笑う蛙」02では主人公と離婚した妻役で、いずれもしっとりした女性の色香を漂わせ、小林政広監督「歩く、人」と併せて、この年の毎日映画コンクール女優主演賞を受賞した。以後も羽住英一郎監督「LIMIT OF LOVE/海猿」06、中村義洋監督「アヒルと鴨のコインロッカー」07、門井肇監督「休暇」08、西谷弘監督「アマルフィ・女神の報酬」09など多数に出演。テレビドラマはほかに、フジテレビ『HERO』01、『Dr.コトー診療所』03・06、『医龍/Team Medical Dragon 2』07、『東京DOGS』09、TBS『恋の時間』05、『Around 40/注文の多いオンナたち』08、テレビ朝日『ゴンゾウ・伝説の刑事』08などがある。知性が必要なキャリアウーマン的な役柄も多いが、硬い役でも艶っぽさを匂わせ、キュートで小悪魔的なキャラにも定評がある。98年に詩人の三代目魚武濱田成夫と結婚。男児をもうけるが2001年に離婚し、翌02年に俳優の田辺誠一と再婚した。

キネマ旬報の記事

2002年6月下旬号

HOT SHOTS:大塚寧々

1999年1月上旬新年特別号

HOT SHOTS:大塚寧々