男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

岡田将生

  • Masaki Okada
  • 出演
本名
出身地 東京都渋谷区
生年月日 1989/08/15
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都渋谷区の生まれ。中学2年生の時に原宿でスカウトされ、高校進学後の2006年に日本工学院専門学校のCMで芸能界デビュー。同年のTBS『東京少女』でテレビドラマに初出演し、翌07年の中村義洋監督「アヒルと鴨のコインロッカー」で映画デビューも飾る。この年は、山本敦弘監督「天然コケッコー」でも夏帆演じるヒロインの相手役として、東京から全校生徒6名の田舎の分校に転校して来たクールな少年・大沢広海を爽やかに演じ、注目を浴びた。その後も、中原俊監督「魔法遣いに大切なこと」08などに出演したのち、09年には、失恋がきっかけでハワイ島のホノカアに渡り、映写技師として働く大学生の成長を描いた真田敦監督「ホノカアボーイ」で映画初主演。さらに、東京の大学に進学することを彼女に言い出せず悩む高校生役を繊細に演じた北川悦吏子監督「ハルフウェイ」、伊坂幸太郎原作、森淳一監督の「重力ピエロ」、井上真央演じる幼なじみとの初恋を貫く少年を演じた新城毅彦監督「僕の初恋をキミに捧ぐ」と、この年に出演した4本の映画すべてで主演級の役柄を演じ、報知映画賞、ブルーリボン賞など5つの新人賞を獲得した。この09年は、フジテレビ『オトメン(乙男)』で連続ドラマにも初主演。剣道に秀でた日本男児だが少女趣味が捨てられない主人公の高校生を端正な芝居で演じた。翌10年も映画ラッシュで、廣木隆一監督「雷桜」では、蒼井優演じる野性的な村娘と身分違いの恋に落ちる徳川家の若侍・斉道役で主演。中島哲也監督「告白」での熱血が空回りしがちな未熟な青年教師役と、李相日監督「悪人」での殺害されたOLと関係のあった遊び人の裕福な大学生役のそれぞれで、日本アカデミー賞の優秀助演男優賞をW受賞している。ナイーブな外見の裏に残酷さを秘めた人物を演じても光るものを見せ、11年の鈴木雅之監督「プリンセストヨトミ」、瀬々敬久監督「アントキノイノチ」、12年春公開予定の森義隆監督「宇宙兄弟」と出演作が相次ぐ。テレビドラマはほかに、テレビ朝日『生徒諸君!』07、フジテレビ『花ざかりの君たちへ・イケメン♂パラダイス』07、『太陽と海の教室』08、日本テレビ『黄金の豚・会計検査庁特別調査課』10など。12年のNHK大河ドラマ『平清盛』には源頼朝役で出演し、語りも兼ねる。

キネマ旬報の記事

2018年1月上旬号

INTERVIEW 岡田将生:「伊藤くんA to E」

2016年8月上旬号

キネマ旬報が選ぶ スクリーンで逢いたい若手俳優 男優篇:活躍中の演技派 「柄本佑」「岡田将生」「佐藤健」「高良健吾」「濱田岳」「林遣都」「本郷奏多」「三浦春馬」

増刊7月9日号 KINEJUN next vol.10

期待の新作撮影現場レポート:佐藤健×有村架純×二階堂ふみ×菅田将暉×岡田将生×「何者」

2014年3月上旬号

撮影現場、そして監督、本人が語る――「映画のひと」:【現場より】岡田将生 「彼女との上手な別れ方」

2010年6月下旬号

巻頭特集「告白」:岡田将生インタビュー

2010年6月上旬号

HOT SHOTS:「雷桜」蒼井優&岡田将生

臨時増刊4月11日号 BLACK KINEJUN

第3特集 NEW BLOOD ACTORS SPLASH!:RECOMMENDED NEW CINEMA 岡田将生「重力ピエロ」