男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

アマルフィ 女神の報酬

  • あまるふぃめがみのほうしゅう
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    63.7点(400人)

  • 観たひと

    748

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / アクション
製作国 日本
製作年 2009
公開年月日 2009/7/18
上映時間 125分
製作会社 フジテレビジョン=東宝=電通=ポニーキャニオン=日本映画衛星放送=アイ・エヌ・ビー=FNS27社
配給 東宝
レイティング 不明
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督西谷弘 
原作真保裕一 
エグゼクティブプロデューサー亀山千広 
企画大多亮 
プロデューサー大多亮 
主題曲/主題歌サラ・ブライトマン 

キャスト

出演織田裕二 黒田康作
天海祐希 矢上紗江子
戸田恵梨香 安達香苗
佐藤浩市 藤井昌樹
大塚寧々 羽場良美
伊藤淳史 谷本幹安
小野寺昭 菊原清文
平田満 川越亘
佐野史郎 西野道生
サラ・ブライトマン サラ・ブライトマン(本人役)
出演(声)中井貴一 片岡博嗣
特別出演福山雅治 佐伯章悟

解説

フジテレビが開局50周年を記念して、オールイタリアロケで作り上げたサスペンス大作。ローマで発生した日本人少女誘拐事件とそれに続く大規模テロに、日本人外交官が立ち向かう。キャストは「踊る大捜査線」シリーズの織田裕二、「崖の上のポニョ」の天海祐希に加え、“世界の歌姫”サラ・ブライトマンがゲスト出演。

あらすじ

クリスマス直前のローマ。日本人外交官・黒田康作(織田裕二)が降り立つ。予告されたテロ事件から日本人の安全を守るために派遣されたのだ。その頃、現地日本大使館は、川越外務大臣(平田満)のG8外務大臣会合参加準備に追われていた。そんな中、一人の日本人少女失踪事件が発生。テロとの関連性も疑われる中、黒田は赴任間もない研修生の安達(戸田恵梨香)とともに、この事件の通訳担当を命じられる。だが、少女の母親、紗江子(天海祐希)宛てにかかってきた誘拐犯からの電話を、“夫”として受けてしまったことから、事件に巻き込まれていく。紗江子は、亡き夫との思い出の地イタリアを、娘に見せようと訪れた旅行者だった。誘拐犯に指定された通りに取引に応じる2人だったが、警察のミスによりその介入が知られてしまう。取引は中止となり、彼女は娘の身柄確保よりも犯人逮捕を優先させた警察と、それを止められなかった黒田に対する不信感を募らせる。娘を思って憔悴する紗江子。そんな紗江子を支えるのは、彼女に思いを寄せる商社マン藤井(佐藤浩市)。だが、犯人の動向はつかめず、捜査は一向に進展しない。悩み苦しむ紗江子の姿に、独断での調査を決意する黒田。知人のフリーライター佐伯(福山雅治)の協力を得て事件を探るが、イタリア警察から抗議を受けてしまう。外交官には捜査権限がなかったのだ。組織の体裁よりも日本人の安全確保が自分の仕事と考える黒田は、次第に大使館内で孤立していく。やがて、誘拐事件はイタリア大統領やG8首脳を巻き込み、イタリア全土を襲う大規模連鎖テロへと発展していく。様々な思いが交錯する中、黒田は事件の鍵がイタリア南部の港町アマルフィにあることを突き止める。果たして、犯人の目的とは、黒田が突き止めた事件の全貌とは……?

関連するキネマ旬報の記事

2009年8月下旬号

REVIEW 日本映画:「アマルフィ 女神の報酬」

2009年7月下旬号

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:グラビア:織田裕二 in ローマ

巻頭特集 織田裕二、41歳の到達点「アマルフィ 女神の報酬」:織田裕二 ロング・インタビュー

2009年5月下旬号

撮影現場ルポ:「アマルフィ 女神の報酬」