男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

コドモのコドモ

  • こどものこども
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    65.8点(85人)

  • 観たひと

    130

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2008
公開年月日 2008/9/27
上映時間 122分
製作会社 「コドモのコドモ」製作委員会(ビターズ・エンド=ピクニック=バンダイビジュアル=双葉社=ミュージック・オン・ティーヴィ)
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 DTS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督萩生田宏治 
脚本宮下和雅子 
萩生田宏治 
原作さそうあきら:(「コドモのコドモ」(双葉社 刊))
企画前田直典 
製作定井勇二 
春藤忠温 
川城和実 
諸角裕 
御領博 
プロデューサー根岸洋之 
定井勇二 
協力プロデューサー槙本裕紀 
撮影池内義浩 
美術松尾文子 
音楽トクマルシューゴ 
音楽プロデューサー北原京子 
主題曲/主題歌奥田民生:(「SUNのSON」)
録音湯脇房雄 
音響効果柴崎憲治 
照明舟橋正生 
編集大重裕二 
ネガ編集松村由紀 
スタイリスト小林身和子 
ヘアメイク宮崎智子 
根本佳枝 
音楽エディター清水和法 
キャスティング宮下和雅子 
アソシエイト・プロデューサー木村淳一 
齋見泰正 
ライン・プロデューサー金森保 
制作担当金子拓也 
助監督西山太郎 
海野敦 
スチール松原研二 
特写鳥巣佑有子 
題字/タイトル関善之 
方言指導成田憲太郎 
宮川孝一 
大友英治 
助産指導菊地ヤス子 
性教育協力遠見才希子 
装飾斉藤暁生 
メイキング志子田勇 
特殊造形森田誠 
タイミング上野芳弘 
三橋雅之 
企画協力染谷誠 

キャスト

出演甘利はるな 持田春菜
伊藤梨沙子 吉田美香
川村悠椰 鶴巻ヒロユキ
大熊彩花 朝倉真由
帯金遼太 生田目ミツオ
須藤瞳 丸山珠
竹森雄之介 川上ダイゴ
山田清貴 久保田万作
宮崎美子 春菜の母
草村礼子 おばあさん
斉藤暁 春菜の父
榎木兵衛 おじいさん
谷村美月 持田秋美
光石研 ヒロユキの父
安倍聡子 ヒロユキの母
北見敏之 ミツオの父
守山玲愛 ミワコ
佐藤隆平 リョウタ
平川賢悦 校長先生
櫻田獅 ヒロミ
渡辺陽樹 ヒロミ
上野樹里 スナックのママ
柄本佑 朋子の彼氏
森郁月 朋子
深水元基 小林先生
塩見三省 高松教頭
麻生久美子 八木先生

解説

漫画家さそうあきらの同名コミックを「神童」の萩生田宏治が監督したドラマ。小学5年生の妊娠、出産というテーマを通して性と生命、家族や友情など様々な問題を投げかける。出演は新人の甘利はるな、「たみおのしあわせ」の麻生久美子、「きみの友だち」の宮崎美子、「リアル鬼ごっこ」の谷村美月など。

あらすじ

春。負けん気の強い小学5年生の女の子、春菜(甘利はるな)は、その日も仲良しの珠(須藤瞳)と真由(大熊彩花)と一緒に下校中。帰り道の話題は、新しい担任の八木先生(麻生久美子)のこと、荒れそうなクラスのこと、そして始まったばかりの生理のことだった。帰宅して退屈になった春菜は、幼なじみのヒロユキ(川村悠椰)を誘い、自転車で遊びに出かける。大きな樹木の緑が揺れる公園で、立ちションをするヒロユキを見た春菜は“くっつけっこ”を提案する…。ある日、春菜は姉・秋美(谷村美月)が親友の朋子(森郁月)にお金が入った封筒を渡すのを目撃。そのお金は、朋子が中絶をするための費用だった。それから数日後、八木先生の性教育の授業が始まる。その内容に多くのコドモたちがはやしたてる中、春菜とヒロユキだけは驚くばかりであった。夏。春菜のお腹は次第に大きくなっていく。祭りの日、春菜は学級委員長の美香(伊藤梨沙子)を真由と勘違いして妊娠を告白。美香は中絶をすすめるが、春菜はきっぱりと産むことを宣言する。秋。学芸会の稽古中、春菜が倒れてしまう。クラスのみんなは春菜のポッコリふくらんだお腹をみて妊娠に気がつくが、美香の訴えによって先生も救急車も呼ばず、5年2組だけの秘密にすることを誓った。冬。登校中にお腹が張り、気分が悪くなった春菜は、珠、真由、美香と農作業小屋で休憩をする。ランドセルを下ろしてゴザに腰掛けていた春菜が、突然破水。珠はヒロユキに知らせるために、学校へと走り、こっそりとクラスメートの手から手へと緊急事態を知らせるメモが回される。陣痛がひどくなる春菜。そんな中、集まったコドモたちだけでの出産がはじまった……。

関連するキネマ旬報の記事

2009年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:新人女優賞 甘利はるな

2008年10月上旬号

REVIEW 2008:「コドモのコドモ」