男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

LIMIT OF LOVE 海猿

  • りみっとおぶらぶうみざる
  • Test of Trust UMIZARU 2
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.4点(310人)

  • 観たひと

    651

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2006/5/6
上映時間 117分
製作会社 フジテレビジョン/ROBOT/ポニーキャニオン/東宝/小学館/フジネットワーク27社
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督羽住英一郎 
脚本福田靖 
原作佐藤秀峰 
原案小森陽一 
企画関一由 
堀部徹 
製作総指揮亀山千広 
製作阿部秀司 
尾越浩文 
島谷能成 
亀井修 
プロデューサー臼井裕詞 
安藤親広 
撮影佐光朗 
さのてつろう 
村埜茂樹 
美術清水剛 
音楽佐藤直紀 
主題歌伊藤由奈 
録音柳屋文彦 
音響効果柴崎憲治 
照明水野研一 
編集松尾浩 
穂垣順之助 
ダイビングコーディネーター金城正則 
アソシエイトプロデューサー小出真佐樹 
ラインプロデューサー森井輝 
監督補近藤一彦 
スクリプター甲斐哲子 
VFXスーパーバイザー石井教雄 
取材小森陽一 
装飾秋田谷宣博 

キャスト

出演伊藤英明 仙崎大輔
加藤あい 伊沢環菜
佐藤隆太 吉岡哲也
大塚寧々 本間恵
吹越満 海老原真一
浅見れいな 乙部志保里
美木良介 桂木貞之
石黒賢 北尾勇
時任三郎 下川?
青木崇高 渡辺マサヤ
荒川良々 服部真佐彦
市川しんぺー 矢野達郎
菅原卓磨 重富浩一
坂本雄吾 本丸正也
江畑浩規 瀬戸口滋
平山祐介 山路拓海
光石研 梨本信士
津田寛治 三沢圭介

解説

鹿児島港沖で発生した大型フェリー座礁事故の人命救助に挑む機動救難隊隊員たちの活躍を描いたアクション・ドラマで、映画、テレビと続いたシリーズの完結篇。監督は「逆境ナイン」の羽住英一郎。佐藤秀峰による同名コミックを基に、「海猿 UMIZARU」の福田靖が脚本を執筆。撮影を「交渉人 真下正義」の佐光朗、「容疑者 室井慎次」のさのてつろう、「七人の弔」の村埜茂樹が担当している。主演は、「この胸いっぱいの愛を」の伊藤英明と「海猿 UMIZARU」の加藤あい。

あらすじ

第十管区海上保安本部に異動となった海上保安官の仙崎大輔(伊藤英明)は、鹿児島航空基地の機動救難隊隊員として海難現場の最前線で働いていた。だが、遠距離恋愛中の服飾デザイナーの環菜(加藤あい)とは最近うまくいっておらず、横浜から手製のウエディング・ドレスを見せようとやって来た彼女に対し、図らずも戸惑いの表情を浮かべてしまうのであった。そんな中、総トン数1万1245トン、乗員乗客620名、9階建てのビルに相当する大型フェリー”くろーばー号“座礁の報せが機動救難隊に入った。船内には195台もの車両が積載されており、火災が起これば大爆発の危険もある上、浸水は予想を上回る速さで、非常用システムも全壊していた。沈没まで4時間あまり。出動した機動救難隊隊員は、早速、偶然乗り合わせていた環菜を始めとする乗客の救出を開始する。ところが、怪我をした妊娠5カ月の売店販売員・本間恵と、愛車を心配して避難命令を無視していた海老原真一の避難誘導をしていた仙崎と彼のバディ・吉岡(佐藤隆太)が、ガソリン漏れによる車両の爆発で避難路を絶たれ、船内に閉じ込められてしまう。絶体絶命のピンチ。それでも、なんとか自力でルートを見つけ、決死の脱出を試みる仙崎たち。途中、崩れた壁に挟まれ身動きが取れなくなった吉岡を残し、漸く外と連絡の取れる場所まで辿り着いた仙崎は、そこで環菜に必ず生還して結婚しようと約束すると、最後の力を振り絞りファンネルスペースから恵と海老原を抱え表に出ようとする。だが、もう少しと言う所で、遂にフェリーが完全に沈没してしまう! しかし、他の救難隊員によって仙崎たちは救助。仙崎が置いて行った酸素ボンベで命を繋いだ吉岡もまた無事救出され、そしてその後、仙崎と環菜は約束通り再会を果たすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2006年7月上旬号

劇場公開映画批評:LIMIT OF LOVE 海猿

日本映画紹介/外国映画紹介:LIMIT OF LOVE 海猿

2006年5月下旬号

作品特集 「LIMIT OF LOVE 海猿」:伊藤英明(主演) インタビュー

作品特集 「LIMIT OF LOVE 海猿」:羽住英一郎(監督) インタビュー

作品特集 「LIMIT OF LOVE 海猿」:作品評