男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

星になった少年 Shining Boy & Little Randy

  • ほしになったしょうねんしゃいにんぐぼーいあんどりとるらんでぃ
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.7点(110人)

  • 観たひと

    269

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2005
公開年月日 2005/7/16
上映時間 112分
製作会社 フジテレビジョン=東宝=S・D・P
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督河毛俊作 
脚色大森寿美男 
原作坂本小百合 
製作総指揮関一由 
島谷能成 
細野義朗 
製作亀山千広 
プロデューサー小岩井宏悦 
和田倉和利 
撮影高瀬比呂志 
美術山口修 
音楽坂本龍一 
録音武進 
音響効果伊藤進一 
照明小野晃 
編集落合英之 
衣装デザイン宮本まさ江 
アソシエイト・プロデューサー前田久閑 
助監督片島章三 
スクリプター長坂由起子 
スチール佐藤芳夫 
その他森賢正 
鶴賀谷公彦 
木村利明 
岩崎登 
赤塚佳仁 
小西善行 
森山貴之 
小田切徹 
伊藤太一 
臼井則政 
相良貴幸 
星加和子 
小林純 
荒木波郎 

キャスト

出演柳楽優弥 小川哲夢
常盤貴子 小川佐緒里
倍賞美津子 藤沢朝子
高橋克実 小川耕介
蒼井優 村上絵美
於保佐代子 小川紀
加藤清史郎 小川貴生
谷山毅 小川貴生
井上花菜 小川万希
甲野優美 小川万希
JARAN PHETJAROEN ゾウ学校の校長
WISANUKORN SAISATH ポー
相島一之 ORN銀行員
永堀剛敏 銀行員
小野武彦 岩本信介
武田鉄矢 ドラマの俳優
中村育二 ドラマの監督
ブラザートム ドラマのプロデューサー
森下能幸 動物プロの飼育係
友部康志 動物プロの飼育係
佐藤二朗 高校の教師
伴美奈子 製麺屋の女主人
佐藤真弥 哲夢の同級生
森聖矢 哲夢の同級生
柳沢大介 哲夢の同級生
中村奎太 哲夢の同級生
岡本奈月 女生徒
前場莉奈 女生徒
小手伸也 コンパニオンの上司
武田義晴 イベント会場の男
加藤啓 イベント会場の男
夏木ゆたか テレビスタジオの司会者
PETCH SITT ゾウ学校の先生
LEK ANULA ゾウ学校の生徒
SORNPETCH PRAKODCHUER ゾウ学校の生徒
WITTAWAT SAISATHORN ゾウ学校の生徒
SINARIN REANG NGEN ゾウ学校の生徒
TONGSUK VIJITYOTIN ゾウ学校の生徒
AKENARINTR REANG NGEN YAGIRA DOUBLE
NARES MANSRI STUNT DOUBLE
ミッキー アジアゾウ
ランディ アジアゾウ
スマイル チンパンジー
マチャミ イヌ

解説

実話を基に、日本人初の象使いとなった少年の生涯を描いたヒューマン・ドラマ。監督は、本作が初の劇場用作品となる『人間の証明』の河毛俊作。坂本小百合による原作『ちび象ランディと星になった少年』を下敷きに、「昭和歌謡大全集」の大森寿美男が脚色。撮影を「笑の大学」の高瀬比呂志が担当している。主演は「誰も知らない」の柳楽優弥。

あらすじ

1989年、千葉県東金市。家族経営の小さな動物プロダクション“小川動物プロダクション”に、母・佐緒里の長年の夢であった2頭の象、ミッキーと子象のランディがやって来た。象たちと仲良しになった13歳の長男・哲夢は、ある日、立派な象使いになりたいと思い立ち、両親の反対を押し切って、単身チェンマイ北部の象学校に留学する。言葉もわからないまま、子象のファーをあてがわれ、トレーニングを開始した哲夢。やがて、ポーを始めとした他の生徒たちとも打ち解けるようになった彼は、努力の甲斐あって一人前の象使いへと成長。帰国した後、ランディを調教し、町のフェスティヴァルや映画への出演を果たすと、自身の夢であった日本で初めての“ぞうさんショウ”をも成功させる。そんな哲夢の次なる夢は、年老いた象たちがのんびり余生を暮らす為の楽園を作ること。しかし1992年11月10日、彼はバイク事故により帰らぬ人となってしまう。佐緒里が哲夢のガールフレンド・絵美から、何故哲夢があんなにも象に夢中だったのか、その訳を聞かされたのは翌年の春のことだった。彼は、母の夢を追いかけたかったのである。そして2005年、タイの象学校では、ポーがファーの子供の調教を始めていた。その子象の名は――テツ。

関連するキネマ旬報の記事

2005年11月上旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:星になった少年