男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

東京タワー(2004)

  • とうきょうたわー
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    59.4点(157人)

  • 観たひと

    352

  • 観たいひと

    22

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2005/1/15
上映時間 125分
製作会社 「東京タワー」製作委員会(日本テレビ放送網=電通=ジェイ・ストーム=バップ=日本出版販売=TOKYO FM=アバンティコミュニケーションズ)
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督源孝志 
脚色中園ミホ 
源孝志 
原作江國香織 
製作奥田誠治 
プロデューサー佐藤貴博 
北島和久 
渡邉浩仁 
撮影袴一喜 
美術小池寛 
音楽溝口肇 
録音横溝正俊 
野中英敏 
照明武田淳一 
編集日下部元孝 
衣装デザイン比嘉京子 
澤いずみ 
選曲佐古伸一 
監督補井原眞治 
スクリプター天池芳美 
スチール酒井博 
その他平井文宏 
細川知正 
島本雄二 
藤島ジュリーK. 
徳市慎治 
古屋文明 
伊達寛 
稲垣しず枝 
大澤雅彦 
福田和美 
藤本鈴子 
北島有子 
中村博行 
渡邊真誉 
千野毅彦 
蔵本憲昭 
兵頭秀樹 
中村浩子 
鈴木洋之 
原藤一輝 
大島満 
岡本東郎 
小松賢志 
山森哲郎 
東山健 
黒坂修 
古川一博 
日本テレビオリジナル映画推進委員会 
土屋敏男 
雨宮秀彦 
戸垣直 
伊藤和明 
加藤靖弘 
白岩裕之 
中村正人 
田畑善朗 
井上健 
丸山公夫 
岡田浩行 
岩崎達也 
渡辺弘 
田中晃 
城朋子 
中山良夫 
中村圭吾 
福留明日香 
竹内耐 
岡部荘太 
阿部寿徳 
中村知純 
田中宏史 
高木雪 
藤川和彦 
田中芳樹 
村上和彦 
宮崎啓子 
西憲彦 
角田久美子 
岡田泰三 
佐藤敦 
刈谷政則 
菅間理恵子 
平部隆司 
川上秀次郎 
堀込祐輔 
侭恵子 
岡口真人 
市川幸嗣 
杉山篤 
棚橋公子 
松本家穂 
須賀次郎 
田代智恵 
ノラ・ジョーンズ 
山下達郎 
寺尾次郎 

キャスト

出演黒木瞳 浅野詩史
岡田准一 小島透
松本潤 大原耕二
寺島しのぶ 川野喜美子
余貴美子 小島陽子
岸谷五朗 浅野
平山綾 吉田
宮迫博之 川野
石橋蓮司 料金所のおじさん
半田健人 橋本
加藤ローサ 由利
Mylene Domongeot フランスのマダム
筒井真理子 
未來貴子 厚子
銀粉蝶 喜美子の姑
佐藤旭 給仕長
斉木のか 高原
真山勇一 大学教授
美帆 女子大生
氏家恵 理系の女
Sbine PERRAUD 
小林清志 
真山桂 子連れの母親
IRE 美少年
TAN 初老の男
東海林愛美 少女
木幡あや子 40代の美しい客
小林恵理子 40代の美しい客
辻ひとみ 40代の美しい客
小山由紀 20代のモデル
國井まりあ 同窓生
加藤沙耶香 同窓生
藤本博人 同窓生
佐藤陽一 
枝村みどり 

解説

2組の人妻と青年の愛の行方を描いたドラマ。監督は、本作が初の劇場用作品となる『失われた約束』の源孝志。江國香織による同名原作を基に、『南くんの恋人』の中園ミホと源監督が共同で脚色。撮影を「7月7日、晴れ SEVEN OF JULY SUNNYDAY」の袴一喜が担当している。主演は、「阿修羅のごとく」の黒木瞳と「Johnny's Film Festa 2004」の岡田准一、「Johnny's Film Festa 2004」の松本潤、「クイール」の寺島しのぶ。日本テレビオリジナルムービー。

あらすじ

互いの放つ空気のようなものに惹かれ合い、21歳の大学生・徹と青山の一等地でセレクトショップを経営する41歳の詩史が恋に落ちたのは3年前。ふたりは、年齢や立場を乗り越え逢瀬を重ねていた。だがある日、ずっと一緒にいたい気持ちから詩史は透を別荘へ誘うも、そこへ来る筈のなかった夫・浅野が現れ、甘い一時を邪魔されてしまう。さて、徹の高校時代の同級生・耕二もまた、同世代の恋人・由利がいながら、年上の人妻・喜美子と関係を持っていた。しかし、家庭に不満を抱え爆発寸前の彼女の感情的な言動を、次第に持て余すようになっていく耕二。そんな中、高校時代に耕二が母親に手を出したことから家庭崩壊に追い込んだ同級生・吉田が彼に接近。3人の女性たちに囲まれ立ち行かなくなった耕二は、女たちとの別れを覚悟する。一方その頃、徹と詩史にも決断を下す時が訪れていた。ふたりの関係が、浅野と徹の母親である陽子に知られてしまったのだ。詩史と結婚したいと言う徹に対し、詩史はわざと冷たく別れを告げる。それから数ヵ月後、パリに留学した徹を追って、浅野と離婚した詩史がやって来た。再会したふたりは、永遠の愛を誓い合うように唇を重ねた。

関連するキネマ旬報の記事

2005年3月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:東京タワー

2005年1月下旬号

特集 「tokyo tower 東京タワー」:グラビア

特集 「tokyo tower 東京タワー」:対談/黒木瞳×岡田准一

特集 「tokyo tower 東京タワー」:源孝志監督 インタビュー

特集 「tokyo tower 東京タワー」:コラム

2004年10月上旬号

HOT SHOTS:「東京タワー」