男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

宮迫博之

  • Hiroyuki Miyasako
  • 出演/ナレーション/出演(声)
本名
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1970/03/31
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

大阪府大阪市の生まれ。金光第一高校(現・金光大阪高校)を卒業後、吉本総合芸能学院(NSC大阪)に7期生として入学し、1989年、同期生の蛍原徹とお笑いコンビ“雨上がり決死隊”を結成。91年には吉本興業所属の若手芸人で構成されたユニット“吉本印天然素材”に参加し、人気を博す。92年にABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞と上方お笑い大賞銀賞、93年に上方漫才大賞新人奨励賞を受賞し、以後は活動の拠点を東京へ移す。コンビで数々のバラエティ番組に出演して、フジテレビのコント番組『ワンナイR&R』00~06で人気が沸騰。自己紹介の時の持ちネタ「宮迫です!」が評判となり、2003年には全国ネットの初冠番組となる『アメトーク!』が始まり、以降もお笑い芸人としての快進撃が続く。その間、俳優としても、95年に蛍原とコンビで主演したOV『ごんたくれ』でデビュー。翌96年には、NSCの後輩だったナインティナインが主演した井筒和幸監督「岸和田少年愚連隊」に、主人公コンビの仲間のひとり、サイ役で出演している。東京進出後は、TBS『美しい人』99、フジテレビ『彼女たちの時代』99、『救命病棟24時』01、テレビ朝日『ただいま満室』00、『婚外恋愛』02、NHK大河ドラマ『北条時宗』01などのテレビドラマに助演し、シリアスな芝居にも才を発揮して経験を積み上げる。02年の西川美和監督「蛇イチゴ」で映画初主演。10年ぶりに実家に舞い戻り家族の平穏をかき乱す長男を軽妙に演じ、ヨコハマ映画祭新人賞ほか多数の賞を受賞した。その後も、中島哲也監督「下妻物語」04の深田恭子のダメ親父役や、京極夏彦原作「姑獲鳥の夏」05と続編「魍魎の匣」07での特攻隊帰りの刑事など多数で好助演を続け、「下妻物語」での役柄の発展系となる吉田恵輔監督「純喫茶磯辺」08の主人公の喫茶店マスター役が評判となる。テレビドラマはほかに、フジテレビ『アットホーム・ダッド』04、『絶対零度』10・11、TBS『恋の時間』05、NHK大河ドラマ『龍馬伝』10など。08年には舞台『空中ブランコ』で奇人の精神科医・伊良部一郎を演じた。その飄々とした佇まいと確かな演技力で、芸人の余技に留まらない活躍を続ける。

キネマ旬報の記事

2006年臨時増刊 Kinezo 2006 #1

お勧め芸人俳優座談会/芸人俳優出演新作紹介:宮迫博之、板尾創路、塚地武雅、田中直樹、木村祐一、石井正則、矢部太郎、片桐仁、与座嘉秋ほか

2003年9月下旬号

HOT SHOTS:宮迫博之