男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

いま、会いにゆきます

  • いまあいにゆきます
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.9点(296人)

  • 観たひと

    661

  • 観たいひと

    39

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/10/30
上映時間 119分
製作会社 『いま、会いにゆきます』製作委員会(TBS=東宝=博報堂DYメディアパートナーズ=小学館=S・D・P=MES)
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督土井裕泰 
脚色岡田惠和 
原作市川拓司 
製作総括島谷能成 
斎藤薫 
安永義郎 
亀井修 
細野義朗 
伊東雄三 
エグゼクティブプロデューサー本間英行 
企画濱名一哉 
企画協力那須田淳 
製作近藤邦勝 
プロデューサー市川南 
春名慶 
堀口慎 
撮影柴主高秀 
美術種田陽平 
音楽松谷卓 
音楽エディター清水和法 
音楽プロデューサー北原京子 
主題歌オレンジレンジ 
録音鶴巻仁 
音響効果柴崎憲治 
照明上田なりゆき 
編集三條知生 
スタイリスト鈴木智子 
篠塚奈美 
馬場恭子 
土屋直世 
鍵山奈美 
アソシエイト・プロデューサー山田健一 
製作担当者武石宏登 
助監督猪腰弘之 
スクリプター鈴木一美 
スチール宮田薫 
CG曽利文彦 
保坂久美子 
劇中絵本作画こじまさとみ 
「いま、会いにゆきます」製作委員会大岡大介 
田中康之 
辻本珠子 
瀬田一彦 
藤巻直哉 
吉田恵 
矢部征嗣 
藤崎博文 
植田文郎 
山川恵一 
菅原朝也 
中澤裕行 
庄野樹 
新里健太郎 
鈴木謙一 
小川義延 
松本務 
井口真一 
桑原淳子 

キャスト

出演竹内結子 秋穂澪
中村獅童 秋穂巧
武井証 秋穂佑司
浅利陽介 高校時代の巧
平岡祐太 現代の佑司
大塚ちひろ 高校時代の澪
市川実日子 永瀬みどり
中村嘉葎雄 萩原
小日向文世 野口
YOU 浜中晶子
松尾スズキ 洋菓子店 店主
森田正光 お天気キャスター
美山加恋 
岡田浩暉 
田中圭 
豊島由佳梨 
半海一晃 
兎本有紀 
松宮裕 
小林千恵 
阿佐見麻代 
小清水一揮 
足立雄介 
金子健一郎 
川村虹太 
田中千鶴子 

解説

夫と息子と、彼らのもとに戻って来た死んだ筈の妻が織り成す愛の奇跡を描いたドラマ。監督は、映画初演出となる『オレンジデイズ』の土井裕泰。市川拓司による同名小説を基に、「スペーストラベラーズ」の岡田惠和が脚色。撮影を「スウィングガールズ」の柴主高秀が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「赤線 AKA-SEN」の中村獅童、「丹下左膳 百万両の壺」の武井証。

あらすじ

「雨の季節に戻って来る」そう自作の絵本に書き遺して、秋穂澪が逝って1年。夫・巧は妻を幸せにしてやれなかったことを、6歳の息子・佑司は自分が生まれたせいで母の寿命を縮めたことを、今も悔やんでいた。やがて、梅雨。果たして、澪は約束通りふたりのもとに帰って来た。記憶を失くしているものの、巧との想い出を辿りながら次第に夫婦の、そして母子の絆を取り戻していく澪。だが梅雨の終わりと共に、彼女は再び彼らの前から姿を消した。しかし、巧は澪が遺した日記帳によって、実は大学時代に交通事故で生死の間をさまよっている時、未来へジャンプし巧との結婚生活を体験していて、巧と結婚すれば、佑司を出産すれば死ぬ運命にあると分かっていながら、それでも彼との結婚を選んだことを知るのである。そう、澪は幸せだったのだ! 澪が戻った奇跡の6週間で、巧と佑司はそれを確信することが出来た。

関連するキネマ旬報の記事

2005年2月下旬決算特別号

日本映画紹介:いま、会いにゆきます

2004年12月上旬号

劇場公開映画批評:いま、会いにゆきます

2004年11月下旬号

特集 「いま、会いにゆきます」:竹内結子&中村獅童コメント

特集 「いま、会いにゆきます」:土井裕泰監督 インタビュー

特集 「いま、会いにゆきます」:原作者・市川拓司コメント

特集 「いま、会いにゆきます」:岡田惠和(脚本) インタビュー

特集 「いま、会いにゆきます」:作品評