男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

海猿

  • うみざる
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    70.5点(331人)

  • 観たひと

    714

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    27

基本情報

ジャンル アクション / ドラマ
製作国 日本
製作年 2004
公開年月日 2004/6/12
上映時間 120分
製作会社 ROBOT=ポニーキャニオン=東宝
配給 東宝
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督羽住英一郎 
脚色福田靖 
原作佐藤秀峰 
原案小森陽一 
企画関一由 
製作亀山千広 
阿部秀司 
武政克彦 
島谷能成 
プロデューサー臼井裕詞 
安藤親広 
撮影佐光朗 
美術相馬直樹 
音楽佐藤直紀 
主題歌ジャーニー:(「オープン・アームズ」)
録音田中靖志 
音響効果柴崎憲治 
照明水野研一 
編集松尾浩 
選曲藤村義孝 
石井和之 
助監督近藤一彦 
スクリプター甲斐哲子 
スチール野上哲夫 
その他竹内勝一 
関友彦 
巣立恭平 
龍田哲児 
中川みどり 
長瀬哲朗 
佐野哲郎 
新部信 
石井教雄 
長尾健治 
津守俊一郎 
桑田秀行 
金城正則 
宇野瑞穂 
山本有為 

キャスト

出演伊藤英明 仙崎大輔
加藤あい 伊沢環菜
藤竜也 源太郎
伊藤淳史 工藤始
海東健 三島優二
香里奈 松原エリカ
村田充 川口淳
深水元基 土屋誠
田中聡元 野村栄司
古畑勝隆 八重樫裕太
飯沼誠司 林光平
恵秀 堺和樹
佐野進也 中原響
青木崇高 渡辺マサヤ
大口兼悟 郡司謙介
斎藤工 田所慎二
青木忠宏 武藤忠宏
田中哲司 板東茂
中根徹 大友信士
國村隼 五十嵐正樹
杏子 中迫夏子
朝加真由美 伊沢歌子
渡辺典子 園部美由紀
佐藤浩 堀田三郎
水城なおき 五十嵐の部下
宮田圭子 婦長

解説

海上保安官のエリートである潜水士を目指す若者たちの姿を描いた青春ドラマの第1作。監督は、本作が初監督作となる羽住英一郎。佐藤秀峰、小森陽一による同名のコミックを基に、「陰陽師」の福田靖が脚色。撮影を「巌流島 GANRYUJIMA」の佐光朗が担当している。主演は「陰陽師II」の伊藤英明。

あらすじ

広島県呉市、海上保安大学校。ここに、潜水士を目指す14名の若きエリート海上保安官たちが、主任教官・源の指導の下、50日間に及ぶ潜水技術課程研修に挑むべくやって来た。ダイヴマスターの資格を持つルーキーの仙崎は、仲間たちと絆を深めながら、やや実力の劣る“バディ”(相棒)の工藤と共に厳しい訓練をこなす一方、街で知り合った東京のファッション誌の編集者である環菜とも不器用ながらも愛を育んでいく。ところがある休日、人命救助に向かった工藤が還らぬ人となった。ショックから立ち直れない仙崎。支えであった環菜も仕事を解雇され、失意のまま彼のもとを去った。しかし、訓練は容赦なく続き、最終実習。仙崎は、それまでライヴァル関係にあった三島と組み40mの潜行に成功するが、その時、ふたりは突然変化した潮流に流され、三島が岩に挟まれてしまう。残されたボンベはひとつ。しかも、片道分しかない。だが、仙崎はバディである三島を決して見捨てなかった。勿論、源も、仲間の訓練生たちも……。50日間の研修が終了した。仙崎をはじめとする13名の訓練生は、晴れて潜水士となった。そしてその後、東京へ戻った仙崎は、専門学校へ通い始めた環菜との交際を再スタートさせると、潜水士として新たな最前線の舞台へと向かって行くのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2005年3月上旬号

DVDコレクション:第191回 「海猿」

2004年9月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:海猿

2004年7月下旬号

劇場公開映画批評:海猿 ウミザル

2004年6月下旬特別号

特集 「海猿」:伊藤淳史 インタビュー

特集 「海猿」:羽住英一郎監督 インタビュー

特集 「海猿」:作品評