男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

AIKI

  • あいき
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    67.6点(41人)

  • 観たひと

    67

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002/11/30
上映時間 120分
製作会社 「AIKI」製作委員会(日活=バップ=衛星劇場=広美=IMAGICA=レントラックジャパン=カプリースブリッジ)(制作協力 カプリースブリッジ)
配給 日活
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督天願大介 
脚色天願大介 
原作天願大介 
製作総指揮中村雅哉 
企画猿川直人 
製作伊藤梅男 
石川富康 
岡田眞澄 
高野力 
長澤一史 
長橋恵子 
プロデューサー飯野久 
松田康史 
古賀俊輔 
撮影李以須 
美術稲垣尚夫 
音楽めいなCo. 
浦山秀彦 
熊谷陽子 
主題歌ウルフルズ:(「愛撫ガッチュー」)
録音矢野正人 
音響効果柴崎憲治 
照明李龍禹 
石丸隆一 
編集阿部亙英 
衣裳久保田かおる 
制作担当梶川信幸 
助監督武正晴 
スクリプター宮下こずゑ 
スチール中原一彦 
特殊造型松井祐一 
擬斗秋永政之 
「AIKI」製作委員会安村重幸 
岡本東郎 
秋元一孝 
田中由紀夫 
松尾宗俊 
牧田実 
下地和成 
穐葉武人 
武田清満 
水野久美子 
青山正人 

キャスト

出演加藤晴彦 芦原太一
ともさかりえ サマ子
石橋凌 平石正嗣
火野正平 常滑清
原千晶 芦原民子
木内晶子 チカ
桑名正博 権水松太郎
清水冠助 川添
小木茂光 医師
三上寛 セコンド
菅田俊 法月流拳法師範
田口トモロヲ 石川三郎
ミッキーカーチス 宮司
佐野史郎 ビデオ屋の客
余貴美子 『秘め事』のママ
永瀬正敏 バーテン
松岡俊介 バーのアベック男
我修院達也 郵便配達員
神戸浩 レンタルビデオ店長
角替和枝 区民館掃除婦
深浦加奈子 女医
富家規政 取調官
田中要次 患者
森下能幸 患者
川島郭志 
吉田智則 
弓削智久 
川村亜紀 
松井涼子 
荒井賢太 
安保由夫 
斎藤歩 
詩音 
清水伸 
薬袋一久 
則友謙司 
田口陽介 
ブリテリ 
柾川めぐみ 
七世一樹 
田村泰二郎 
大山峻護 
稲宮誠 
十貫寺梅軒 
清田馨 
鈴木一功 
サム・ルー 
吉宮君子 
メメット・コユンジェ 
ロミ・バット 
クェス 
関口航 
王迪之 
笹木皓太 
田中大河 
酒井晴人 
秋永政之 
北原裕次 
市山英貴 
保科光志 
岩田雅抖 
麻生健介 
大宮イチ 
鴇巣直樹 
石川裕一 
中川拓也 
山本隆司 
井田光則 
佐藤博秋 
福田規生 
山口裕朗 
福田竜二 
鈴木陽介 
及川康弘 
松井昭二 
盛島良介 
渡辺孝 
眞島秀和 
大國千緒奈 
藤井未知央 
鮫島英一郎 
浅原勝 
林正明 
渋谷好重 
工藤吉隆 
宮下輝明 
小泉孝司 
赤迫碩広 
平野健二 
峯岸幸雄 
ポール・インペラトリース 
ジョン・マッケンジー 
リチャード・ハイト 
ハル・ローゼンブラット 
アレック・ライス 
篠清久 
清水幸江 
高桑輝子 
鈴木康弘 
上野直 
倉田幸子 
手嶋恵子 
北村光晶 
大隈重信 
山内茂雄 
山崎元 
増田行子 
林希 

解説

デンマークの実在の車椅子武術家、オーレ・キングストン・イェンセンをモデルに、下半身麻痺となった青年が合気柔術を通して再び生きる力を取り戻していく姿を描いた人間ドラマ。監督は「無敵のハンディキャップ」の天願大介で、脚色も担当。撮影に『アジアンビート5 台湾篇シャドー・オブ・ノクターン』の李以須があたっている。主演は「回路」の加藤晴彦。第59回ヴェネチア国際映画祭出品、第27回報知映画賞助演男優賞(石橋凌)受賞、日活創立90周年記念、平成14年度文化庁映画芸術振興事業、文部科学省選定(青年向、成人向)、厚生労働省推薦、東京都知事推奨作品。

あらすじ

ボクシングに青春を懸けていた太一は、新人王決定戦を目前にバイク事故で下半身麻痺となり、車椅子生活を余儀なくされてしまう。それから一年。すっかり自暴自棄になっていた彼は、しかし大東流合気柔術=AIKIと出会ったことで、再び生きる希望を取り戻す。師範の平石やギャンブラーのサマ子らに励まされ、AIKIの基本を会得していく太一。そして、大使館で行われる演武会にAIKIの代表として参加することになった彼は、見事な演技を披露して喝采を浴び、黒帯を与えられるまでになるのであった。それから数日後、今や自らの運命を受け入れ、人としても成長した太一は、愛犬・フェイクと共に、突然彼の前から姿を消した愛する女性・サマ子を捜す旅に出る……。

関連するキネマ旬報の記事

2003年9月上旬特別号

日本映画紹介/外国映画紹介:AIKI

2003年1月下旬号

劇場公開映画批評:AIKI

2002年12月上旬号

特集 「AIKI」:天願大介監督 インタビュー

特集 「AIKI」:石橋凌 インタビュー

特集 「AIKI」:作品評

2002年11月上旬号

HOT SHOTS:「AIKI」