男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Dolls ドールズ(2002)

  • どーるず
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    68.6点(220人)

  • 観たひと

    491

  • 観たいひと

    51

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル ドラマ / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2002
公開年月日 2002/10/12
上映時間 113分
製作会社 バンダイビジュアル=TOKYO FM=テレビ東京=オフィス北野
配給 松竹=オフィス北野
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督北野武 
脚本北野武 
プロデューサー森昌行 
吉田多喜男 
協力プロデューサー上埜芳被 
久保聡 
吉村直明 
撮影柳島克己 
美術磯田典宏 
装飾尾関龍生 
音楽久石譲 
録音堀内戦治 
音響効果柴崎憲治 
照明高屋齋 
編集北野武 
太田義則 
衣裳山本耀司 
衣裳担当岩崎文男 
アソシエイト・プロデューサー川城和実 
古川一博 
石川博 
ラインプロデューサー小宮慎二 
アシスタントプロデューサー臼居直行 
加倉井誠人 
製作担当山下秀治 
助監督松川嵩史 
スクリプター荘原はる 
スチール渡邉俊夫 

キャスト

出演菅野美穂 佐和子
西島秀俊 松本
三橋達也 親分
松原智恵子 良子
深田恭子 春奈
武重勉 温井
岸本加世子 春奈の叔母
津田寛治 若い頃の親分
大家由祐子 若い頃の良子
大杉漣 春奈のマネージャー
豊竹嶋大夫 大夫
鶴澤清介 三味線
吉田蓑太郎 梅川
吉田玉女 忠兵衛
清水章吾 松本の父
金沢碧 松本の母
大森南朋 松本の同僚
大塚よしたか 松本の友達
西尾まり 佐和子の友達
矢川純一郎 佐和子の友達
野村信次 佐和子の父
中村万里 佐和子の母
中島美奈 新婦
児玉頼信 新婦の父
石垣光代 新婦の母
武発史郎 結婚式場の支配人
高橋勝 ホテルのボーイ
嶋田豪 コンビニ店長
田村元治 街のおじさん
松美里杷 街のおばさん
佐藤真弓 街の人々
三田直弥 街の人々
〆さばアタル 街の人々
前大輔 街の人々
P―MAN 街の人々
菅大輝 小学生
石坂良磨 小学生
杉浦周平 小学生
北澤清子 看護婦
山本恵子 看護婦
川原京子 看護婦
吉海綾 看護婦
井出勝美 病院の患者
戸村麻衣子 病院の患者
ささきまこと 病院の患者
内藤トモヤ 病院の患者
森永健司 祭りの男
谷代浩 祭りの男
関口あきら 祭りの男
藏内秀樹 運送屋
西川方啓 ロッジのボーイ
石山雄大 兄弟分
相澤一成 若い衆
桐生康詩 親分の後ろにいるヤクザ
嵯峨周平 親分の運転手
大西武志 外で見張っている男
堀田大陸 エレベーターホールの殺し屋
ガンビーノ小林 エレベーターホールの殺し屋
金井良信 親分のボディーガード
緒方美穂 ホステス
ホーキング青山 兄弟分の息子
サミーモアモアJr. 息子の友達
江端英久 公園のサラリーマン
大谷俊平 公園のサラリーマン
みやづ康彦 公園のサラリーマン
伊藤留奈 公園のOL
森咲里香 公園のOL
鯉沼トキ 公園のOL
モロ師岡 公園のヒットマン
アル北郷 青木
吉沢京子 春奈の母
種子 春奈の付き人
紀伊修平 春奈の運転手
大久保運 道路工事主任
芦川誠 レポーター
太田浩介 レポーター
石橋あゆみ レポーター
川崎初夏 レポーター

解説

文楽人形が物語る、3つの純愛を描いたドラマ。監督・脚本は「BROTHER」の北野武。撮影を「GO」の柳島克己が担当している。出演は、「化粧師 KEWAISHI」の菅野美穂、「クロエ chloe」の西島秀俊、「忘れられぬ人々」の三橋達也、「旅の途中で FARDA」の松原智恵子、「東京★ざんすっ 約束」の深田恭子、新人の武重勉ら。第59回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品、第26回日本アカデミー賞優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀音楽賞受賞、第27回報知映画賞助演女優賞(菅野美穂)受賞、平成十四年度文化庁映画芸術振興事業作品。

あらすじ

近松門左衛門の『冥土の飛脚』の出番を終えた忠兵衛と梅川の文楽人形。その視線の向こうに、3つの愛の物語が展開する……。赤い紐で体と体を結んだ”つながり乞食“の佐和子と松本。かつて、松本は佐和子の愛を裏切る形で別の女性と結婚しようとしたが、そのショックで佐和子が精神のバランスを崩したことを知ると、彼女を病院から連れ出し、以来、ふたりはあてどもなく彷徨い歩き続けていた。ある日、友人たちに婚約を公表した思い出のロッジへと辿り着いたふたり。しかし、そこを追い出された彼らは、雪山で足を滑らせ崖から転落してしまう。迫り来る死期を感じ取った老境のヤクザの親分は、ふと思い立ち、とある公園へと出かける。そこは、若い頃に愛した良子と毎週土曜に逢瀬を重ねた思い出の場所だ。思いがけず、今も彼を待ち続ける彼女と再会を果たした親分。彼は、正体を明かさず彼女と会うようになるが、ある日、ヒットマンによってひかれてしまう。交通事故で左目を失い、芸能界引退を余儀なくされたアイドル・春奈の元に、デビュー当時からの熱心なファンで、誰にも顔を見られたくないと言う彼女の気持ちを慮るあまり自らの視力を奪った温井が訪ねて来た。久しぶりの再会。春奈は、彼のことを憶えていてくれた。だが温井の幸せも束の間、彼は交通事故で轢死してしまう。

関連するキネマ旬報の記事

2003年7月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:Dolls

2002年11月下旬号

劇場公開映画批評:Dolls(ドールズ)

2002年10月下旬号

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:グラビア

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:北野武監督ヴェネチア会見

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:菅野美穂 インタビュー

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:西島秀俊 インタビュー

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:三橋達也 インタビュー

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:松原智恵子 インタビュー

巻頭特集 「Dolls(ドールズ)」:北野作品をどう観る