男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

モロ師岡

  • Moro Morooka
  • 出演
本名 師岡三智雄
出身地 千葉県八街市
生年月日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

千葉県八街市の生まれ。本名・師岡三智雄。専修大学商学部在学中の1978年、劇団現代のオーディションに合格して、舞台俳優としてのキャリアをスタート。80年には自らの劇団“夢知無恥”を結成し、六本木のライブハウス“バナナパワー”や、渋谷109の“あとりえ山竹”などに出演する。84年からはストリップ劇場で芸人として修行を始め、新宿ミュージック劇場(のちコメディ・シアター)で“コント山口君と竹田君”の付き人をしながら、コントの勉強に励む。86年、NHK『原宿物語』でテレビドラマに初出演。同年のつかこうへい原作、高橋和男監督「熱海殺人事件」の端役で映画にも顔を見せる。飛躍の年となったのは89年で、TBSのオーディション番組『爆笑スペシャル』で注目されたのち、フジテレビの深夜番組『オールナイトフジ』90~91、NHK『バラエティざっくばらん』94~95などに起用されて、芸人として知名度を上げる。その後は、相米慎二監督「東京上空いらっしゃいませ」90、萩庭貞明監督「遊びの時間は終らない」91などを経て、96年の北野武監督「キッズ・リターン」に出演。安藤政信演じる若手ボクサーに堕落を教え込み、才能の芽を摘んでしまうロートル・ボクサーのハヤシに扮して、メフィストフェレス的な魅力を見せた。同年、国立演芸花形演芸会で花形演芸大賞銀賞を受賞するが、以降はコントから一人芝居へと培った笑いのセンスと演技力で、俳優業をメインに活躍。三谷幸喜監督「ラヂオの時間」97での構成作家・バッキーさん、庵野秀明監督「ラブ&ポップ」98での援助交際をする中年男、再び北野監督と組んだ「Dolls」02での殺し屋役など、コメディからシリアスまで特異な存在感を刻みつける怪優として認知される。テレビドラマにも多数出演。テレビ東京『怪奇大家族』04のオカルト一家の家長、NHK『中学生日記』06~07の御器所先生などが印象に残る。俳優活動の傍ら、定期ライブ『僕の一人コント集』なども積極的に展開する。

キネマ旬報の記事