男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

プラトニック・セックス

  • ぷらとにっくせっくす
  • Platonic Sex
  • Platonic Sex

amazon


  • 平均評点

    52.9点(34人)

  • 観たひと

    87

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2001/10/20
上映時間 105分
製作会社 「プラトニック・セックス」製作委員会(フジテレビ=ワタナベエンターテインメント=小学館)(製作協力 クロスメディア/企画協力 デスティニー=アーティストハウス)
配給 東宝
レイティング R-15
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSR
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督松浦雅子 
監修飯島愛 
脚色森下佳子 
原作飯島愛 
製作総指揮宅間秋史 
林秀樹 
企画関一由 
亀井修 
遠谷信幸 
企画協力小滝祥平 
河村光庸 
製作亀山千広 
渡辺ミキ 
プロデューサー佐倉寛二郎 
瀧山麻土香 
撮影監督高瀬比呂志 
美術及川一 
音楽ディレクター竹内修 
岩崎俊郎 
音楽佐橋俊彦 
音楽プロデューサー今井仁 
桑名裕子 
山口雅人 
主題歌スピッツ:(「夢追い虫」)
録音野中英敏 
音響効果斎藤昌利 
林彦佑 
照明渡辺三雄 
編集川島章正 
衣裳富樫昇 
本館ルミ子 
スタイリスト谷口みゆき 
選曲佐藤啓 
アソシエイト・プロデューサー山下暉人 
大澤剛 
黒田知美 
アシスタントプロデューサー宮内貴子 
製作担当白石始 
監督補井上隆 
スクリプター皆川悦子 
スチール宮田薫 

キャスト

出演加賀美早紀 門倉あおい
オダギリ ジョー 岩崎敏海
阿部寛 石川秀行
加勢大周 金井誠
野波麻帆 山口明美
石丸謙二郎 門倉義雄
根岸季衣 門倉由紀子
佐藤仁美 シーナ
小市慢太郎 「ゴールドラッシュ」の社長
田中要次 「CUBE」の店長
森下能幸 AVの監督
村田充 中尾憲次
三田村周三 クラブ「ガレージ」のマスター
高木麻依子 岩崎愛
中村育二 キャバクラの客
原田修一 キャバクラの客
矢作公一 キャバクラの客
近藤京三 キャバクラの客
結城貴史 DJ敬吾
山本恵美 マキ
上地雄輔 達也
岸博之 山崎
井之上隆志 キャバクラ「ヘブンズ」のマネージャー
平本一穂 AV男優
千葉誠樹 AV男優
竹山隆範 ラブホテルの男
伊藤健一 達也の仲間
立花秀樹 達也の仲間
朝生つぐみ トシの仲間
森田悟 トシの仲間
大和一孝 トシの仲間
日向真帆 ユウコ
香取広美 ミホコ
那須寿子 ケイ
井出博美 ユキ
坂井ありす うらら
原田恵梨 幼稚園の先生
岡村洋一 警官
小森敬 ナンパする若者
KEI ナンパする若者
小林高鹿 石川の取り巻き
富樫真 石川の取り巻き
近藤優 門倉智
眞鍋卓也 子羊園の子供
山川太一 勇太郎

解説

タレント・飯島愛の告白本を基に、10代の少女の心情を描いた青春ドラマ。監督は「DAN-BALL HOUSE Girl」の松浦雅子。脚色は森下佳子。撮影監督に「女学生の友」の高瀬比呂志があたっている。主演は、オーディションで選ばれた新人・加賀美早紀と映画初出演のオダギリ ジョー。第25回日本アカデミー賞新人賞(加賀美早紀)受賞作品。

あらすじ

17歳の誕生日、あおいは自殺を図った。友達に輪姦され、妊娠・堕胎、家族にも見放されたのだ。だがその時、携帯電話に送信された一本の間違いメールが彼女に自殺を思い留まらせた。さてその後、戻る場所のないあおいは、スカウトマン・金井の紹介でキャバクラで働くことになった。源氏名は愛。たちまちにしてナンバー2の座まで登り詰めた彼女は、しかしお金の為にその日暮らしを繰り返し、やがて借金地獄に堕ちていく。そして、借金を返済する為に契約したAV出演。だがそれは、彼女の心に虚しさを募らせた。そんな彼女の心の支えとなっていたのは、間違いメールの相手・トシとの交換メール。ある日、クラブのDJを目指しているトシと運命的な出会いを果たしたあおいは、彼と同棲を始める。彼との生活の中で、本気で人を愛することを知るあおい。トシもまた、あおいといることで、いじめが原因で自殺した妹・愛への気持ちが癒されていった。ところが、あおいのAV出演がトシにバレたのをきっかけに、ふたりの心は次第にすれ違いを見せ始める。しかし、暫く距離を置くことで、互いがかけがえのない存在であったことに気づいたふたりは、やり直すことを決意するのだが……あおいがトシに再会したのは霊安室だった。トシは、道に飛び出した子供を助けようとして、トラックに轢かれたのだ。深い喪失感に襲われるあおいは、しかしそれをふっきるように歩き出す。

関連するキネマ旬報の記事

2002年6月下旬号

日本映画紹介/外国映画紹介:PLATONIC SEX

2001年12月下旬号

劇場公開映画批評:プラトニック・セックス