男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

オダギリ ジョー

  • Jo Odagiri
  • 出演
本名 小田切譲
出身地 岡山県津山市
生年月日 1976年2月16日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

岡山県津山市の生まれ。本名・小田切譲。岡山県作陽高校卒業後、渡米してカリフォルニア州立大学フレズノ校に入学。監督養成コースを志望していたが、願書の記入ミスによって俳優養成コースに進むことになり、そこで2年間、演技を学ぶ。帰国後、俳優養成所を経て、1999年の舞台『DREAM OF PASSION』99で俳優デビュー。続いてテレビ朝日『仮面ライダークウガ』00の主演に抜擢されて、主人公の五代雄介を一年間に渡って演じ、人気を博す。映画は、本名でクレジットされた原田眞人監督「金融腐蝕列島・呪縛」99を皮切りに、松浦雅子監督「プラトニック・セックス」01、辻仁成監督「目下の恋人」02などの助演を経て、黒沢清監督「アカルイミライ」02で初主演。浅野忠信、藤竜也を相手に、社会に適応できず心の内に凶暴性を秘めた若者を演じ、日本映画プロフェッショナル大賞、高崎映画祭の主演男優賞を受賞するなど、一躍注目を集めた。さらに、2003年の北村龍平監督「あずみ」では白装束に化粧をした不気味な悪役の最上美女丸役で、日本アカデミー賞新人俳優賞、エランドール賞新人賞を受賞する。多くの新人賞を受賞した後も映画界で順調なキャリアを積み、受賞歴は数多い。朝鮮からの移民一家の壮絶な生活を描いた崔洋一監督「血と骨」04では、父親役のビートたけしを相手に激しい喧嘩シーンを演じ、キネマ旬報賞助演男優賞、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞。翌05年の犬童一心監督「メゾン・ド・ヒミコ」ではゲイのための老人ホームで働く青年役で主演し、同年の鈴木清順監督のミュージカル時代劇「オペレッタ狸御殿」、下山天監督のCGを駆使した時代劇「SHINOBI/忍」、李相日監督「スクラップ・ヘブン」などの作品群と併せて、キネマ旬報賞、ヨコハマ映画祭、日本映画プロフェッショナル大賞などの主演男優賞を受賞している。西川美和監督「ゆれる」06では、香川照之演じる兄への揺れ動く感情を繊細に表現し、日本アカデミー賞優秀主演男優賞、高崎映画祭主演男優賞を獲得。リリー・フランキーのベストセラー小説を映画化した松岡錠司監督「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」07は母と息子の絆が観客の涙を誘って大ヒットとなり、オダギリも日本アカデミー賞優秀主演男優賞などを受賞した。韓国の人気女優ペ・ドゥナが人形役を演じて話題を集めた是枝裕和監督「空気人形」09では、出演シーンは多くないものの人形の製作者をミステリアスに演じ、高崎映画祭の助演男優賞を受賞している。この間、テレビドラマでも伊藤英明、坂口憲二らと共演したフジテレビ『天体観測』02で人気を集め、テレビ朝日『サトラレ』02では主演もつとめる。フジテレビ『ビギナー』03、NHK大河ドラマ『新選組!』04などで知名度も飛躍的にアップし、06年にはテレビ朝日『時効警察』で、時効を迎えた事件を単なる趣味で捜査する警察官・霧山修一朗役を飄々と演じて評判となった。同作のメインディレクターである三木聡とは、前にも映画「イン・ザ・プール」05で組んでおり、これ以降も続編の『帰ってきた時効警察』07、秋の東京を舞台に奇妙な結びつきの男ふたりの道行きを描いた映画「転々」07、和製『ツイン・ピークス』という趣のテレビ朝日『熱海の捜査官』10と、たびたびコンビの秀作を送り出している。テレビドラマはほかに、テレビ朝日『嫉妬の香り』01、フジテレビ『初体験』02、『顔』03、『不機嫌なジーン』05、TBS『さとうきび畑の唄』03、『ぼくの妹』09、『深夜食堂』09・11など。抜群の知名度と人気を誇りながら王道的な作品にはあまり出ないことで、日本の俳優の中でも特異なポジションを確立。主演にこだわらず、脇役でも独特な存在感を発揮する一方、近年は海外の映画での活躍も目立っている。韓国の鬼才キム・ギドク監督の「悲夢」08では、オダギリは日本語、ほかの出演者は韓国語を話すのにコミュニケーションがとれているという不思議な設定の中、夢に翻弄される男を繊細に演じてみせた。同年の「プラスティック・シティ」08では日系ブラジル人役で主演し、香港の名優アンソニー・ウォンと共演。中国の巨匠・田壮壮監督の「ウォーリアー&ウルフ」09にも主演し、こちらは日本未公開だが海外の映画祭で注目を集めた。さらに、韓国のカン・ジェギュ監督、チャン・ドンゴン共演の戦争大作「マイウェイ」の製作発表が11年のカンヌ国際映画祭で行なわれ、話題を呼ぶ。アメリカ留学時には監督を目指していたように監督志向も強く、俳優業の傍ら短篇映画を数本製作。07年には『帰ってきた時効警察』の第8話で脚本と監督をつとめた。さらに09年、監督・脚本・音楽を手がけた「さくらな人たち」が3日間限定で劇場公開。主演は、オダギリの小学校時代の同級生であるお笑いコンビ“次長課長”の河本準一だった。07年、冨永昌敬監督「パビリオン山椒魚」06で共演した香椎由宇との結婚を発表。一緒の誕生日である翌年2月16日に婚姻届を提出し、11年2月に第一子となる男児が誕生した。

キネマ旬報の記事

2017年10月下旬号

「エルネスト」:対談 阪本順治[監督]×オダギリジョー

2017年8月上旬号

監督×俳優 最強/注目コンビの話題作2017-2018:〈撮影現場ルポ〉阪本順治×オダギリジョー 「エルネスト」

2010年11月上旬号

巻頭特集 映画俳優20周年記念 浅野忠信 これまでと、これから:共演者が語る浅野忠信 永瀬正敏、小泉今日子、オダギリ ジョー、永作博美

2009年3月下旬号

特別対談:アンソニー・ウォン×オダギリ ジョー「PLASTIC CITY プラスティック・シティ」

HOT SHOTS:アンソニー・ウォン×オダギリ ジョー

2008年12月下旬号

HOT SHOTS:オダギリジョー&キム・ギドク

2007年11月下旬号

巻頭特集 「転々」とそこのけそこのけ三木聡:鼎談 オダギリジョー×三浦友和×三木聡

2007年4月上旬号

巻頭特集 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」:オダギリジョー インタビュー

2007年3月下旬特別号

巻頭特集 「蟲師」:記録 1 オダギリジョー

2006年7月上旬号

巻頭特集 「ゆれる」:座談会 オダギリジョー×香川照之×西川美和監督

2006年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演男優賞 オダギリジョー

2005年9月上旬号

特集 「メゾン・ド・ヒミコ」:オダギリジョー インタビュー

2005年6月上旬特別号

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:グラビア

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:ロング・エンゲージメント

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:作品グラビア&自作を語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:撮影後記

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:オダギリジョー×爆笑問題“大問題”会議

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「オペレッタ狸御殿」鈴木清順監督 インタビュー&鈴木清順、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「オペレッタ狸御殿」作品評

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「イン・ザ・プール」三木聡監督 インタビュー&三木聡、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「イン・ザ・プール」作品評

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:「夢の中へ」園子温監督 インタビュー&園子温、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:オダギリジョー×俳優論

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:黒澤清、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:阪本順治、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:崔洋一、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:三谷幸喜、オダギリを語る

巻頭企画 毒×蜜×昇華 オダギリジョー:李相日、オダギリを語る

2005年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:助演男優賞 オダギリジョー

2003年5月下旬号

巻頭特集 「あずみ」:オダギリジョー インタビュー

2003年1月下旬号

HOT SHOTS:オダギリジョー