男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

洗濯機は俺にまかせろ

  • せんたくきはおれにまかせろ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    71.7点(22人)

  • 観たひと

    40

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1999
公開年月日 1999/4/24
上映時間 102分
製作会社 ボノボ=スターポート
配給 ボノボ=スターポート(配給協力 スローラーナー)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督篠原哲雄 
脚色松岡周作 
原作宮崎和雄 
プロデューサー笹岡幸三郎 
細川慶人 
撮影上野彰吾 
美術金勝浩一 
装飾鈴村高正 
音楽村山達哉 
主題歌染谷俊:(「ポーカーフェイス」)
録音田中靖志 
効果伊藤進一 
照明矢部一男 
編集冨田伸子 
衣裳小田切陽子 
アシスタント・プロデューサー東康彦 
制作担当土本貴生 
助監督大崎章 
スクリプター皆川悦子 
スチール桑野光 

キャスト

出演筒井道隆 木崎敏郎
富田靖子 片桐節子
小林薫 大紙泰司
百瀬綾乃 小暮秀子
田鍋謙一郎 吉田雅之
橋本功 片桐喬
入江若葉 片桐千栄子
根岸季衣 スナックのママ
染谷俊 サックスの青年
鶴見辰吾 離婚しそうな夫
菅井きん おばあちゃん
桂茶がま 加藤嘉介
中村敦子 加藤笑美子
山梨ハナ パン屋のおばさん
南みか 花屋
梶原阿貴 スナックの恵子
山崎一 ビデオを買う若社長
石川素子 色っぽい客
平沢草 離婚しそうな妻
清田正浩 カップルの男
足立薫 カップルの女
長江英和 裏ビデオの客
山田幸伸 チンピラ
佐藤恒治 警官
山崎大輔 ビデオの夫
しみず霧子 ビデオの妻
飯島大介 草野球のメンバー

解説

洗濯機の修理が得意(?)な青年と出戻り女性の恋を中心に、中古電機店に集う一風変わった人々の心の交流を日記風に描いたハートフル・コメディ。監督は「悪の華」の篠原哲雄。第6回小説現代新人賞を受賞した宮崎和雄原作による同名小説を、「月とキャベツ」のプロデューサー・松岡周作が脚色。撮影を「コキーユ 貝殻」の上野彰吾が担当している。主演は、「死国」の筒井道隆と「ジューンブライド-6月19日の花嫁-」の富田靖子。

あらすじ

漫画家を目指して上京してきた青年・木崎は、今は下町の商店街にある片桐電機店の支店である中古電機店で店番と修理を任されている。そんな彼の元に、ある雨の日、社長の一人娘で仕事にあぶれたDJ・節子が出戻ってきた----、それから一ヶ月後の月曜日。節子は手伝いをするでもなく、なんとなく店にやってきては適当に木崎をからかう毎日を過ごしていた。一方、木崎はそんな節子の存在が気になりながらも、向かいのパン屋の秀子といい感じだ。火曜日。木崎は、秀子に洗濯機の修理の依頼を受けたことで、ついでにデートの約束を取りつけた。ところが、水曜日。木崎は、節子にデートに誘われてしまう。しかも、秀子と同じ木曜日に。困った木崎は、社長が楽しみにしている草野球を済ませた後、4時までならという約束で節子の申し出を承諾する。木曜日。長引いてしまった試合を終えた木崎は、慌てて節子との約束の場所に急ぐが、既に節子の姿はそこになかった。仕方なく4時までの時間を潰し、秀子と食事をする木崎。その後、秀子の家へ洗濯機を直しに行こうとして商店街を横切っていく節子の姿を見かけた彼は、無性に節子のことが心配になりだし、秀子との約束をキャンセルして、節子の元に走るのだった。そしてその晩、木崎と節子は酔っ払って今までになく親密な関係になっていった。金曜日。かつて店で働いていた今はタクシー運転手の大紙を、借金取りの取立から助けた節子。彼女は、以前から抱いていた彼への想いから彼と路上で抱き合ってしまうが、それを秀子の洗濯機を直しに行く途中の木崎に目撃される。その夜遅く、木崎の元を訪れた節子に、しかし木崎は冷たい言葉で彼女を追い返した。土曜日。木崎は、節子のことが気になりながらも、老婆から古い洗濯機を譲り受けたり、裏ビデオの宅配のバイトをして警察に捕まった友人の吉田の身元引受人になったりして、何かと忙しい。日曜日。今日は店の大売り出しの日だ。店内は大勢の客で大混雑。ところが、カップルの客が一台の洗濯機を見て、自分たちが粗大ゴミに出したものだと言い出した。中古とはいえ、ゴミは扱わないことにしていた木崎は断固としてそれを否定したが、結局は客の言うとおりで、店の信用はがた落ち。だが、後になってその洗濯機を持ってきたのが大紙であることが判明。彼のアパートに乗り込んだ木崎はそこで、大紙が拾ってきたゴミを修理しては、それを売った金で借金を返済していたことを知る。今まで少なからず尊敬していた大紙の落ちぶれように複雑な想いの木崎。彼は、貸していた金を返して貰うことや、今回の一件をチャラにする代わりに、大紙に一発平手打ちを喰らわせるのだった。そんな木崎が店に帰ってくると、急に決まった長野でのDJの仕事の為に、節子が東京を出ていったと社長が話して聞かせた----、それから数日後。ラジオ番組で洗濯機がないことを話している節子の為に、木崎は直したばかりの洗濯機をトラックの荷台に乗せて、長野へと走り出すのであった…。

関連するキネマ旬報の記事

1999年7月下旬号

日本映画紹介:洗濯機は俺にまかせろ

1999年5月上旬号

特集 洗濯機は俺にまかせろ:篠原哲雄監督 インタビュー

特集 洗濯機は俺にまかせろ:作品評

1998年4月上旬春の特別号

HOT SHOTS:篠原哲雄新作「洗濯機は俺にまかせろ」