男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

篠原哲雄

  • Tetsuo Shinohara
  • 監督/脚本/出演/製作/監修
本名
出身地 東京都
生年月日 1962/02/09
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【試行錯誤を重ね、邦画を支えるプロフェッショナルの境地に】東京都生まれ。明治大学法学部在学中は剣道部に所属し、映画サークルとは縁がなかったが、1980年代初頭の日本映画に触発され、シナリオ作家協会のシナリオ講座に通った。84年、大学在学中に吉田憲二監督の「想い出のアン」の撮影現場につき、衣裳係、小道具を経て、86年から森田芳光、根岸吉太郎、中原俊、金子修介らの助監督をつとめる。その傍ら、森田組で知り合った撮影助手・上野彰吾(のち撮影監督)と組み、8ミリ映画の製作を始める。89年にその「RUNNING HIGH」がPFFアワード89の特別賞を受賞。それを機に16ミリで自主製作した「草の上の仕事」(93)が、神戸国際インディペンデント映画祭でグランプリを受賞し、ぴあの配給で劇場公開もされた。翌94年にはイタリアのモンテカンティーニ国際映画祭で“水の女神賞”を受賞。同年、OV『バカヤロー!V・エッチで悪いか』の第3話『天使たちのカタログ』を監督し、続いて『YOUNG & FINE/ある女子高生の学園性活』(95)ほかのOV、NHK-BSのアートドキュメンタリー『小さな家の殿堂』を2本演出する。96年、演劇集団キャラメルボックスの真柴あずきと共同で脚本を執筆した「月とキャベツ」で、劇場商業映画を初監督。インディペンデント作品としては異例のヒットとなり、以後「悪の華」(97)、「洗濯機は俺にまかせろ」「きみのためにできること」(99)、「死者の学園祭」(00)と堅実に作品を発表した。2000年公開の「はつ恋」はキネマ旬報ベスト・テン第10位にランクされる。21世紀に入ってからも「張り込み」(01)、「命」(02)、「昭和歌謡大全集」(03)、「天国の本屋・恋火」「深呼吸の必要」(04)、「地下鉄(メトロ)に乗って」(06)、「山桜」(08)、「真夏のオリオン」「つむじ風食堂の夜」(09)など、ほぼ毎年コンスタントに撮り続けている。【常に一定の水準を保つ、柔軟な演出力】商業映画の助監督をつとめながら、精力的に自主映画を撮ることで劇場デビューに至ったインディーズ出身系統の監督。初期のうちはOV枠の作品で娯楽作を撮り、一方の小品映画で自主映画時代の作風に連なる人間ドラマに取り組んだ。エンタテインメントからしっとりとした佳品まで、俳優たちの魅力を最大限に引き出す篠原作品の特長は、その柔軟さにある。時として作家性が埋没して見えかねないこともあり、稀薄な個性として捉えられがちだが、いかなるジャンルの作品を手がけても常に一定の水準を保つことに定評がある。この映画を成立させるためのバランスの良さ、確かな目配りこそ量産体制にたちかえった日本映画界に必要とされるものであった。

キネマ旬報の記事

2013年5月下旬号

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ルポ:「スイートハート・チョコレート」 インタビュー 篠原哲雄(監督)

2011年7月上旬号

篠原哲雄「小川の辺」監督 インタビュー:

2011年4月下旬号

新作待機中!2011年下半期、期待の映画監督20人:篠原哲雄「小川の辺」

2006年11月上旬号

作品特集 「地下鉄(メトロ)に乗って」:篠原哲雄監督 インタビュー

2005年12月上旬号

INTERVIEW キネ旬インタビュー:篠原哲雄

2004年6月下旬特別号

特集 「天国の本屋~恋火」:篠原哲雄監督 インタビュー

2004年6月上旬号

特集 「深呼吸の必要」:篠原哲雄監督 インタビュー

2003年11月下旬号

特集 「昭和歌謡大全集」:篠原哲雄監督 インタビュー

2002年12月下旬号

特集 「Jam Films」:篠原哲雄監督 インタビュー

2002年9月下旬号

巻頭特集 「命」:篠原哲雄監督 インタビュー

2000年8月上旬号

企画特集 検証! 角川映画をふりかえる:角川映画に挑んだ人たち 「死者の学園祭」監督・篠原哲雄/「仮面学園」監督・小松隆志

2000年4月下旬号

作品特集 はつ恋:篠原哲雄監督 インタビュー

1999年5月上旬号

特集 洗濯機は俺にまかせろ:篠原哲雄監督 インタビュー

1998年4月上旬春の特別号

HOT SHOTS:篠原哲雄新作「洗濯機は俺にまかせろ」

1997年11月上旬号

シネマジャングルペーパーバージョン・電影森林:第17回

1997年8月下旬上半期決算号

HOT SHOTS:篠原哲雄新作

1997年1月上旬新年特別号

特集 月とキャベツ:篠原哲雄監督 インタビュー

1996年7月下旬号

『篠原哲雄小事典』って何だ?:

1996年4月下旬号

特別企画 第25回ロッテルダム国際映画祭:シネマートに参加して

1994年臨時増刊 小津と語る

新進監督アンケート 撮影の現場から:篠原哲雄

1958年12月上旬号

新作グラビア:不敵な爪