男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語

  • わがこころのぎんがてつどうみやざわけんじものがたり
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    62.6点(23人)

  • 観たひと

    40

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル 伝記
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1996/10/19
上映時間 111分
製作会社 「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」製作委員会(朝日新聞社=西友=ソニー・ミュージックエンタテインメント=テレビ朝日=東映=日本インベストメント・ファイナンス=日本出版販売=東日本ハウス=文化放送=メガソフト)作品
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督大森一樹 
アニメーション演出貝澤幸男 
脚本那須真知子 
企画佐藤雅夫 
企画協力宮澤清六 
宮澤和樹 
プロデューサー奈村協 
中山正久 
アニメーションプロデューサー清水慎治 
撮影木村大作 
美術松宮敏之 
音楽千住明 
音楽プロデューサー高桑忠男 
川原伸司 
主題歌金沢信葉:(「Dearest You」)
録音堀池美夫 
音響効果竹本洋二 
和田秀明 
照明安藤清人 
編集荒木健夫 
衣裳松田孝 
助監督石川一郎 
スクリプター森村幸子 
スチール野上哲夫 
視覚効果木村大作 

キャスト

出演緒形直人 宮沢賢治
渡哲也 宮沢政次郎
水野真紀 宮沢トシ
袴田吉彦 藤原嘉藤治
星由里子 宮沢イチ
椎名桔平 保阪嘉内
斉藤由貴 高瀬露
原田龍二 宮沢清六
森本レオ 畠山栄一郎
大沢さやか 宮沢クニ
大森貴人 河本
本田豊 沢田
上田耕一 新校長
斉藤洋介 銀河鉄道の車掌
本田博太郎 親戚A
角田英介 平井
山本龍二 安太郎
草野康太 苦学生
出演(声)たてかべ和也 殿様蛙の声

解説

作家・宮沢賢治の半生を描いた伝記ドラマ。監督は「緊急呼出し エマージェンシー・コール」の大森一樹。脚本を「地獄堂霊界通信」の那須真知子、撮影を「極道の妻たち 危険な賭け」の木村大作が担当している。主役の賢治にふんしたのは「きけ、わだつみの声(1995)」の緒形直人。共演は、今作でキネマ旬報助演男優賞をはじめ各映画賞を多数受賞した渡哲也、「虹の橋」の水野真紀、「渚のシンドバッド」の袴田吉彦、「GONIN2」の椎名桔平ほか。宮沢賢治の童話世界のイメージをスクリーンに再現するため、CGやアニメーションを合成した豊かな映像が展開されるファンタスティックな作品に仕上がっている。宮沢賢治生誕100年記念。

あらすじ

大正6年、盛岡高等農学校に通う賢治は、質屋を生業とする父・政次郎とことごとく衝突していた。質入れに来た貧しい人に対しわずかな金額しか提示しない父に賢治は喰ってかかるが、政次郎は自分はいいことをしたと思っても人にとってそれがためにならないこともあると教える。ある日、賢治の親友・保阪嘉内が放校処分にされた。志を同じくする嘉内との別れに、賢治はいつか農業の専門学校を作ることを固く約束する。そんなおり、東京の女子大に在学中の妹・トシが肺炎を患って倒れたとの知らせが入った。母・イチと病院へ駆けつけた賢治は、トシを元気づけようと自作の童話を聞かせてやるのだった。大正9年、法華経を信仰する賢治は国柱会に入信するために上京し、印刷工場で働きながら布教運動と自らの執筆活動に力を注いでいた。しかし、久しぶりに再会した嘉内との意見の対立やトシの病気再発もあって、賢治は花巻へ帰郷することになる。故郷の農業学校の教諭になった賢治は、隣接する女学校の教師で詩人の藤原嘉藤治と意気投合し、生徒たちに芝居や音楽を通じて農業を教えるというユニークな授業を行っていた。しかし、療養中だったトシが他界し、出版した本の売れ行きの悪さや教室での農業と実際とのギャップから、賢治は悩み苦しむようになる。大正15年、政次郎が町議に当選して店を弟の清六が継ぐことになり、賢治は理想郷イーハトーブを作るため、下根子桜の別荘を羅須地人会と名づけて、地元の農民と農業改革に乗り出した。そんな賢治に感動した高瀬露という小学校教諭が地人会に参加し、何かと賢治の身の周りの世話をするようになるが、賢治は彼女の愛を受けとめられなかった。東北一帯を襲った冷害と大雨によって賢治の努力は水泡と化し、自分の無力さを感じた賢治は地人会を閉鎖する。このころから、もともと丈夫ではなかった賢治の体を病魔が蝕むようになり、肥料会社のセールスをしていた賢治は無理が祟って仕事先で倒れ、昭和8年9月21日、家族に見守られながら、息をひきとった。賢治の死後、彼の残した『雨ニモマケズ』の詩を見つけた政次郎とイチは、詩を朗読しながら元気だったころの賢治の姿を記憶の中に蘇らせる。

関連するキネマ旬報の記事

1997年3月下旬号

劇場公開映画批評:わが心の銀河鉄道

1997年1月上旬新年特別号

日本映画紹介:わが心の銀河鉄道・宮沢賢治物語

1996年11月上旬特別号

特集 わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語:花巻撮影現場を訪ねて

特集 わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語:作品評

特集 わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語:木村大作キャメラマン インタビュー

1996年10月下旬号

COMING SOON【新作紹介】:わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語

1996年9月上旬号

HOT SHOTS:「わが心の銀河鉄道・宮沢賢治物語」

1996年8月上旬号

HOT SHOTS:わが心の銀河鉄道