男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

上田耕一

  • Koichi Ueda
  • 出演
本名 山下耕一
出身地 東京市板橋区(現・東京都板橋区)
生年月日 1941/04/02
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京市板橋区(現・東京都板橋区)の生まれ。本名・山下耕一。都立井草高校を卒業後、新劇俳優を志し、1961年の『茶館』61で初舞台を踏む。以後『センターフォワード暁に死す』62、『大つごもり』63、『嬰児ごろし』64など年3本のペースで舞台に立つ一方、TBS『ウルトラセブン』68などに端役出演。74年、小峰元の『アルキメデスは手を汚さない』が原作の日本テレビ『女子高校生殺人事件』の主要キャストに選ばれ、以降、活動の中心をテレビドラマに移す。映画は端役が数本あるのみだったが、82年、にっかつ(現・日活)の三浦朗プロデューサーの推薦で根岸吉太郎監督「キャバレー日記」に出演。売り上げ全国一を目指すキャバレー店長役をコミカルに怪演して評判をとり、40歳を過ぎて本格的に映画界に転身、ロマンポルノを中心に出演を重ねる。88年のロマンポルノ終了後は、どんな役にも馴染む柔軟性のある演技を買われて、さらに幅広く活躍。大森一樹監督のほか、金子修介、伊丹十三、中原俊、渡邊孝好など80年代にデビューした中堅監督の作品で重用され、平成「ゴジラ」シリーズには政府高官から村長まで毎回さまざまな役で12作品すべてに出演した。近年は、緒方明監督「のんちゃんのり弁」09の写真店店主、小沼雄一監督「結び目」10の認知症の義父など、助演を地道に続けてきたキャリアが得難い深みを醸し出す好演が続いている。

キネマ旬報の記事