男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

星由里子

  • Hoshi Yuriko
  • 出演
本名 花登由里子(旧姓・星)
出身地 東京都神田区鍛冶町の生まれ
生年月日 1943/12/06
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都神田区鍛冶町(現・千代田区鍛冶町)の生まれ。幼時から宝塚に憧れて育ち、1958年、宝塚歌劇団の東京公演『ブロードウェイ・シンデレラ』にちなんで公募された“ミス・シンデレラ娘”に選ばれ、59年に東宝と専属契約。堀川弘通監督「すずかけの散歩道」の脇役で女優デビューする。モダンな美人でありつつ親しみやすい雰囲気が、当時の東宝の都会的カラーと合い、浜美枝、田村奈己と“東宝スリーペット”と名付けられて売り出される。「サラリーガール読本・お転婆社員」60に3人で主演したほか、サラリーマン喜劇を中心に多数出演。この年の製作者協会新人賞を受賞する。61年も「若い狼」など宝田明主演作で相手役をつとめ、松林宗恵監督の特撮大作「世界大戦争」、成瀬巳喜男監督「妻として女として」に出演と大活躍を見せるが、決定打は加山雄三主演の杉江敏男監督「大学の若大将」。加山扮する大学生・田沼雄一の恋人である中里澄子役を爽やかに演じる。映画は大ヒットしてシリーズ化され、68年の「リオの若大将」まで11本に出演して代表作とする。毎回役柄は異なるが“澄子”の名は変わらず、小さな誤解から雄一と距離が生まれて最後は清い愛を誓い合うパターンも不変。性格は大らかでスポーツ万能、歌とギターが堪能な雄一と明るく凛とした澄子のカップルは、若い観客の憧れとなる。加山の代表曲『君といつまでも』は第6作「エレキの若大将」65の主題歌で、劇中では雄一が澄子に捧げる曲として登場している。「若大将」シリーズで人気を決定づけつつ、62年の精華学園女子高校(現・東海大学付属望洋高校)卒業後は、東宝の看板女優としてますます多くの映画に出演。メロドラマでは主役を張り、鈴木英夫監督「旅愁の都」62で宝田と、千葉泰樹監督「河のほとりで」62では加山と共演する。また高島忠夫主演「乾杯!サラリーマン諸君」62のようなサラリーマンもの、「吼えろ脱獄囚」62などの男性アクション、「太平洋の翼」63では戦争映画と、あらゆるジャンルに出演して量産システムを支える。とりわけ重要なのが、64年の本多猪四郎監督「モスラ対ゴジラ」「三代怪獣・地球最大の決戦」における行動的な女性役で、リバイバル人気の極めて高い「ゴジラ」シリーズへの出演は「若大将」と並ぶ財産となる。健全なタイプキャストが定着する半面、どんな映画にも溶け込める演技力が評価されにくいタイブだったが、豊田四郎監督の純愛映画「千曲川絶唱」67で白血病の青年(北大路欣也)を献身的に愛する看護婦・奈美を熱演、ミリオン・パール賞を受賞する。68年頃からテレビドラマや舞台に出る機会が増え、映画も外部出演がメインになる。日活「忘れるものか」68で共演した石原裕次郎からは、村野鐡太郎監督の石原プロ作品「富士山頂」70に起用され、東映ではマキノ雅弘監督「日本俠客伝・花と龍」69などの高倉健の任俠映画に出演。両スターとの共演で闘う男を包み込む女の情を艶っぽく演じ、著しい成長を見せる。70年、実業家・横井英樹の子息と結婚するが、翌71年に離婚。劇作家・花登筐の舞台『じゅんさいはん』74に出演後、75年に花登と再婚する。以降は映画から一旦遠ざかるが、83年に花登と死別。杉村六郎監督「刑事物語3・潮騒の詩」84でスクリーンに復帰する。その後は大森一樹監督「恋する女たち」86、「わが心の銀河鉄道・宮沢賢治物語」96、渡邊孝好監督「エンジェル・僕の歌は君の歌」92、松山善三監督「虹の橋」93、磯村一路監督「雨鱒の川」03などに出演。舞台でも実績を重ね、北大路欣也共演の『佐渡島他吉の生涯』02で菊田一夫演劇賞を受賞する。NHK大河ドラマ『篤姫』08では篤姫の養母役・村岡を毅然と演じて評判を呼んだ。この間の90年に会社役員の男性と再々婚。「刑事物語3」で演じたのが、第1回“東宝シンデレラ”グランプリの新人・沢口靖子の母親役だったように、東宝時代へのオマージュが込められた起用が目立つのが復帰後の特長。94年のNHK『赤ちゃんが来た』では、加山雄三と26年ぶりの共演で初の夫婦役が話題となり、TBS『こちら本池上署』02~05では、高島忠夫の実子・高嶋政伸の姑役を明るく演じる。「ゴジラ」シリーズには手塚昌明監督「ゴジラ×メガギラス・G消滅作戦」00の科学者役で36年ぶりの出演を果たした。ファンからも作り手からもキャリアに敬意を払われ、変わらぬイメージを愛されている。

キネマ旬報の記事

2001年1月上旬新年特別号

特別対談 「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦」:富山省吾[プロデューサー]×星由里子

1992年7月上旬号

巻頭企画 東宝60周年記念企画:私と東宝映画

1984年8月上旬号

ザ・インタビュー:星由里子

1969年8月上旬号

SB開演ベル:

1969年1月下旬正月特別号

随想:

1968年8月下旬号

特別グラビア:ひさびさの主演 星由里子

1963年4月下旬号

特写グラビア:ポート・スター 星由里子

1962年1月上旬新年特別号

特写グラビア:62年期待の人  星由里子

1961年11月上旬号

キネマ旬報無題欄:朝から夜中まで

1961年10月上旬秋の特別号

クロース・アップ:星由里子

1960年10月上旬秋の特別号

ある友人への手紙 各社新進男女優の展望:岩下志麻/炎加世子/田村まゆみ/浜美枝/星由里子/江波杏子/三木裕子/弓恵子/三条魔子/小林裕子/三田佳子/笹森礼子/千代侑子/吉永小百合