男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

森本レオ

  • Reo Morimoto
  • 出演
本名 森本 治行
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 1943/02/13
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

愛知県名古屋市の生まれ。本名・森本治行。地元の県立松陰高校を卒業後、上京して日本大学芸術学部放送学科に進むが、卒業後は再び名古屋に戻り、NHK名古屋制作のドラマ『高校生時代』67で俳優デビュー。1968年より持ち前の弁舌を買われて、東海ラジオの深夜放送『ミッドナイト東海』のディスクジョッキーを4年半に渡ってつとめる。72年に再び上京して本格的に俳優活動を始め、73年の斎藤耕一監督「花心中」で映画初出演。神代辰巳監督「青春の蹉跌」74、黒木和雄監督「祭りの準備」75などの青春映画に相次いで助演し、大森一樹監督「オレンジロード急行(エクスプレス)」78では、海賊放送を行なう若者グループのリーダー役で青春の鬱屈を表現した。以後もさまざまな作品で助演をつとめるが、95年の原田眞人監督「トラブルシューター」では的場浩司とともに主演。元機動隊員で東大闘争での事故により脳障害を持つという難役を、独特の台詞回しと存在感で厭味なく見せた。その後は、北野武監督「キッズ・リターン」96、庵野秀明監督「ラブ&ポップ」98、三木聡監督「イン・ザ・プール」05、山田洋次監督「おとうと」10などで印象を残すが、独特の持ち味はテレビドラマでもっぱら発揮される。主な出演作には、NHK『黄色い涙』74、『花へんろ』85・86、『夢みる葡萄・本を読む女』03、日本テレビ『オレの愛妻物語』78、『熱中時代・刑事編』79、『透明人間』96、フジテレビ『愛という名のもとに』92、『ロングバケーション』96、TBS『愛なんていらねえよ、夏』02、『女系家族』05、テレビ朝日『スカイハイ』03・04など多数があり、フジテレビの人気シリーズ『ショムニ』98~03では商社の冴えない窓際課長役を飄々と演じて人気を得た。独特の優しく柔らかな声質から、ドラマやCM、ドキュメンタリーなどのナレーションも数多くつとめている。

キネマ旬報の記事

1998年1月下旬号

特集 ブレード/刀:森本レオが語るツイ・ハークの魅力

1980年4月上旬号

特集 「クレイマー、クレイマー」:1 座談会 壁に象徴された大都会の日常生活 東陽一×森本レオ×和久本みさ子

1978年4月下旬号

ニッポン個性派時代:第14回 森本レオ