男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あぶない刑事リターンズ

  • あぶないでかりたーんず
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    67.8点(53人)

  • 観たひと

    108

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1996
公開年月日 1996/9/14
上映時間 108分
製作会社 あぶない刑事製作委員会(日本テレビ=東映)作品(製作協力*セントラルアーツ)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督村川透 
脚本柏原寛司 
大川俊道 
企画武井英彦 
大井紀子 
黒澤満 
プロデューサー奥田誠治 
伊地智啓 
服部紹男 
撮影仙元誠三 
美術小林正義 
山崎秀満 
音楽監督鈴木清司 
音楽Fuji-Yama & OSNY MELO 
音楽プロデューサー高桑忠男 
主題歌舘ひろし:(「冷たい太陽」)
柴田恭兵:(「RUNNING SHOT」)
録音曽我薫 
音響効果真道正樹 
照明井上幸男 
編集西東清明 
衣裳斉藤昌美 
助監督鳥井邦男 
スクリプター桑原みどり 
スチール三村和仁 
伊澤宏明 
特殊効果大屋哲男 

キャスト

出演舘ひろし 鷹山敏樹
柴田恭兵 木下勇次
浅野温子 真山薫
伊原剛志 柊誠
小林稔侍 深町新三
仲村トオル 町田透
木の実ナナ 松村優子
ベンガル 田中文男
山西道広 吉井浩一
関口知宏 虎井祐輔
大竹一重 樋口麻美
倉田てつを 唐木保
入江雅人 青柳耕作
野際陽子 ダンスホールの女
伊藤洋三郎 岸本猛
飯島大介 愛川史郎
長谷部香苗 山路瞳
秋山武史 吉田春彦
海一生 竹田敬三
賀川幸史郎 土橋徹
衣笠健二 谷村進
島崎和歌子 佐伯真理
石山雄大 安田一郎
福澤朗 逃げる男
御木本伸介 渡辺
草薙幸二郎 篠崎
小林勝彦 上原
久遠利三 磯野
早川雄三 木下
須藤正裕 木内
城明男 川辺
工藤俊作 今井
唐邊亮 山本

解説

横浜・港署の名物コンビ、タカとユージの“あぶない刑事”の活躍を描いた、遊び心いっぱいの痛快ポリス・アクション。89年の「もっとあぶない刑事」以来、7年ぶりに復活したシリーズ第4作で、今回は国際テロリストを相手に大立ち回りを展開する。監督は「ニューヨークUコップ」の村川透。脚本は「ルパン三世 DEAD_OR_ALIVE」の柏原寛司と「四姉妹物語」の大川俊道の共同。撮影を「のぞき屋」の仙元誠三が担当している。主演は「免許がない!」の舘ひろしと「集団左遷」の柴田恭兵の名コンビ。そのほかのレギュラー陣も、94年に急逝した近藤課長役の中条静夫を除き、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナらオリジナルメンバーがずらりと勢ぞろいした。中条に代わる新課長として登場したのは「岸和田少年愚連隊」の小林稔侍。敵のテロリストに「ガメラ 大怪獣空中決戦」の伊原剛志。

あらすじ

横浜・中華街で爆弾事件が発生し、港署の刑事・タカとユージは新任の課長・深町の指示を無視して、お得意の独断捜査を開始する。現場にいたコンパニオン・麻美から、使われた爆弾がユージが5年前に逮捕した爆弾魔・唐木の仕事であったことをつかんだふたりは、唐木の隠れ家で横浜の大手銀行の頭取会議を襲撃する計画の情報を得た。トオルと新米刑事・トラを伴って会場であるホテルへ赴いたタカとユージは、何とか頭取たちは救出したものの、10億円の現金とトラを奪われてしまう。犯人は“ブレーメン”と名乗るテロリスト集団で、中心人物の柊は唐木とトラの交換を要求してきた。タカとユージはまたも独断で人質交換を実行するが、解放された唐木はふたりの目の前で自殺を図る。その後の調べで、柊は元一流商社マンで麻美と愛人関係にあったことが分かった。ブレーメンのひとりに薫が襲われた隙に逃げた麻美の行方を追って、タカとユージはアジトを発見するが、時すでに遅く、彼らは10億円の資金を元手にロシアから短距離弾道ミサイルを購入し、原子力発電所を狙って発射秒読みを開始していた。発射現場に急行したふたりはブレーメンの一味を次々に倒し、柊も困難の末にしとめた。しかし、ミサイルはそのまま発射されてしまい、原子力発電所へ一直線に飛んでいく。コンピュータに強いユージにもどうすることもできなかったが、タカが適当に押したキーがミサイルの進路変更に成功した。ミサイルは港署を経由して発射地点に逆戻りすると、タカとユージの上に落ちてくる。しかし、“あぶない刑事”はミサイルなんかでは死なないのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1997年3月下旬号

劇場公開映画批評:あぶない刑事リターンズ

1996年12月上旬号

日本映画紹介:あぶない刑事リターンズ

1996年9月下旬特別号

COMING SOON【新作紹介】:あぶない刑事リターンズ

KINEJUN CRITIQUES:あぶない刑事リターンズ

1996年6月下旬号

HOT SHOTS:「あぶない刑事リターンズ」