男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

野際陽子

  • Nogiwa Yoko
  • 出演
本名 前田陽子(旧姓・野際)
出身地 富山県の生まれ
生年月日 1936年1月24日
没年月日 2017年6月13日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

富山県富山市で生まれ、東京都杉並区で育つ。立教大学文学部英米文学科に在学中から、ESSの英語劇セクションと劇団テアトルジュンヌに所属し、数々の舞台に出演。大学の同級生にはのちのプロ野球界の大スター、長嶋茂雄がいた。1958年、大学卒業と同時にアナウンサーとしてNHKに入り、62年5月に退社。フリーとなり、TBS『女性専科』などの司会をつとめる。63年、TBS『近鉄金曜劇場・悲の器』で女優デビューし、同局『赤いダイヤ』の井戸美子役で、小川真由美と並ぶ悪女スターの双璧として評判になる。映画は「風の武士」64でデビューし、続いてマキノ雅弘監督「日本俠客伝・血闘神田祭」66に出演。同年、化粧品会社の支援によりソルボンヌ大学に留学して、西洋美術史を専攻するが、契約を解除されて翌67年に帰国する。帰国後の活動の場はテレビが主になり、丹波哲郎、千葉真一主演の『キイハンター』68~73では国際警察特別室の一員で格闘術と語学力に長けた津川啓子役でレギュラー出演。主題曲も歌い、人気スターとなる。映画は五木寛之原作、堀川弘通監督の「さらばモスクワ愚連隊」68での主人公をサポートする芸能プロのやり手マネージャー役のほか、千葉真一主演の「やくざ刑事」70、「やくざ刑事・恐怖の毒ガス」71に助演する。その千葉と72年5月7日に結婚。テレビCMに夫婦で出演したりするが、その後は多彩なジャンルで脇役に転じていく。渡邊祐介監督の時代劇「必殺仕掛人」73、加藤泰監督の怪奇サスペンス「陰獣」77、山根成之監督の青春もの「九月の空」78、中村登監督の歴史劇「日蓮」79、児玉進監督のミステリー「乱れからくり」79、鈴木則文監督の時代劇「忍者武芸帳・百地三太夫」80、舛田利雄監督の戦争映画「二百三高地」80、斎藤耕一監督の文芸映画「青い山脈'88」88、伊丹十三監督の社会派コメディ「スーパーの女」96、三谷幸喜監督の人情コメディ「みんなのいえ」01、中村義洋監督のメディカル・サスペンス「チーム・バチスタの栄光」08、「ジェネラル・ルージュの凱旋」09など、あらゆるジャンルの作品で、バイプレイヤーとして息の長い活躍を続ける。テレビは『キイハンター』から派生した“強い現代女性”のイメージが、テレビ東京『ザ・スーパーガール』79における元婦人警官で探偵事務所の開設者・広瀬悠子役に引き継がれるが、なんと言っても彼女のキャラクターが最大限に発揮されたのは、社会現象とまで言われた92年のTBS『ずっとあなたが好きだった』だ。佐野史郎が演じるマザコン秀才サラリーマン“冬彦さん”の母親・桂田悦子役は、初期の悪女的持ち味とインテリタレントのイメージを合体させた彼女ならではの“恐い姑”というキャラクターを作り上げた。以後もそのキャラクターは完全に定着し、『ダブルキッチン』『誰にも言えない』93、『スウィートホーム』『長男の嫁』94、『私の運命』94~95、『ひと夏のラブレター』95などのTBSドラマには欠かせない出演者となる。一方、榎木孝明主演のフジテレビ『浅見光彦シリーズ』では、主人公の母・浅見雪江役で『恐山殺人事件』98からレギュラー入り。主演が中村俊介に交代した現在も、野際は継続して出演している。97年のテレビ朝日『ガラスの仮面』では、安達祐実扮するヒロインを演技開眼に導く往年の伝説的な女優・月影千草を神秘的に演じ、99年から8年間続いた同局『京都迷宮案内』では記者からキャップ、デスクまで出世する新聞記者・橘つた子に扮してシリーズを支えた。そのほか、90年代から2000年代にかけては膨大な量の連続ドラマにレギュラー出演を続け、多い時には年間で6本もの連ドラに出て、1クールに3本のドラマが集中したこともあった。00年のテレビ朝日『TRICK』では仲間由紀恵演じるヒロイン・山田奈緒子の母・里見に扮して、コミカルな芝居も披露。以後シリーズ化された同作のレギュラーキャストとして、10年の最新作「劇場版TRICK/霊能力者バトルロイヤル」まで全作に出演する新たな代表作とした。フジテレビ『大奥』03では14代将軍・徳川家茂の生母・実成院に扮して屈折した姑役を好演。テレビ朝日の長寿シリーズの新版『必殺仕事人2007』07から演じている渡辺こう役は、中村主水の後継者とも言うべき東山紀之扮する渡辺小五郎の義母にあたり、かつて菅井きんが演じた「婿どの!」でお馴染みの中村せんの二代目とも言えるキャラクターに挑んで、芸域の広さを印象づけた。07年のテレビ東京『李香蘭』では現在の山口淑子役とナレーションを担当。NHK連続テレビ小説『京、ふたり』90でもナレーション、『ほんまもん』01では尼僧役とナレーション、『ゲゲゲの女房』10ではヒロインの祖母とナレーションをそれぞれ担当している。94年2月、千葉真一と離婚。ひとり娘の真瀬樹里は94年の「イルカに逢える日」で女優デビューし、たびたび母娘共演も果たす。2017年6月13日、肺腺がんのため東京都内の病院で死去。享年81歳。

キネマ旬報の記事

2008年10月上旬号

これがはじまり:第30回 野際陽子

2006年6月下旬号

巻頭特集 「トリック劇場版2」:野際陽子 インタビュー

1964年3月上旬号

らいばる診断:野際陽子・小川真由美

1962年9月下旬号

SB テレビ人:15 野際陽子 温室を飛び出た根性