男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

浅野温子

  • Atsuko Asano
  • 出演
本名
出身地 東京都足立区の生まれ
生年月日 1961/03/04
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都足立区の生まれ。都立上野高等学校卒。高校在学中にスカウトされてモデルを始め、テレビドラマや「エデンの海」76 に出演。1977 年、若松孝二監督「聖母観音大菩薩」とTBS ポーラテレビ小説『文子とはつ』で本格的にデビューする。「高校大パニック」78 の警察に射殺される女子高生役、「さらば映画の友よ・インディアンサマー」79 の謎めいた少女役が強い印象を残し、藤田敏八監督「スローなブギにしてくれ」81 で映画初主演。野性味ある美貌とヌードも厭わない存在感が注目される。83 年、五社英雄監督「陽暉楼」の池上季実子と壮絶に取っ組み合う場面が話題となり、体当たりの演技を高く評価される。同年、作詞家の魚住勉と結婚。映画と並行してテレビドラマにも単発中心に出演していたが、日本テレビ『あぶない刑事』86 の女刑事・薫役でコミカルな個性を開拓し、フジ『抱きしめたい!』88 が“ トレンディドラマ” の先駆となる爆発的人気を獲得。共演の浅野ゆう子とともに“ W浅野” と称されるブームを呼び、「天と地と」90 を区切りにドラマへ活動の中心を移す。91年の『101 回目のプロポーズ』は最終回が37.7%の高視聴率を記録、月曜夜9時をフジテレビの看板枠にする立役者の一人となる。以降もトップ・ドラマ女優としてフジ『サザエさん』92、『沙粧妙子最後の事件』95、『コーチ』96、TBS『職員室』97、日本テレビ『平成夫婦茶碗』00 など数多くに出演。ホームコメディからサスペンスまで題材に応じた多彩な演技を見せる。98 年に初舞台を踏んでからは演劇にも精力的に取り組み、03 年に自ら発案した日本の神話が題材の語り舞台“ よみ語り” を開催。以来、毎年公演を続けるライフワークとしている。08 年、「あぶない刑事」の劇場版シリーズ以外では久々の映画出演作「赤んぼ少女」でホラーに挑戦。10 年の『フリーター、家を買う。』は一時代を築いたフジテレビ連続ドラマへの14 年振りの復帰作、うつ病に苦しむ母親役を好演した。

キネマ旬報の記事

1981年3月上旬号

ニッポン個性派時代:第83回 浅野温子