男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

いつかギラギラする日

  • いつかぎらぎらするひ
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.3点(141人)

  • 観たひと

    254

  • 観たいひと

    13

  • レビューの数

    18

基本情報

ジャンル 任侠・アウトロー / アクション / ドラマ
製作国 日本
製作年 1992
公開年月日 1992/9/12
上映時間 108分
製作会社 日本テレビ=バンダイ=松竹第一興行提携(製作協力…山田洋行ライトヴィジョン)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督深作欣二 
脚本丸山昇一 
企画中川好久 
製作奥山和由 
プロデューサー杉崎重美 
鍋島壽夫 
斉藤立太 
撮影浜田毅 
美術今村力 
音楽菱田吉美 
音楽プロデューサー佐々木麻美子 
録音信岡実 
整音紅谷愃一 
照明渡辺孝一 
編集川島章正 
助監督初山恭洋 
スチール金田正 
制作協力堤康二 

キャスト

解説

現金強奪後、仲間割れした男女の姿を追うピカレスク映画。脚本は「女がいちばん似合う職業」の丸山昇一、監督は「華の乱」の深作欣二、撮影は「病院へ行こう」の浜田毅がそれぞれ担当。

あらすじ

うらぶれた産婦人科から出て来た女・美里の肩を抱いた神崎は、10年来の愛人である美里に「また仕事を始める」とつぶやいた。昔の仲間で現在うつ病で入院中の井村に話を持ちかけ、2人そろってこれも昔の仲間である北海道の柴のもとへ飛んだ。待ち受けていた柴は30歳年下の麻衣と同棲しており、2人がよく出掛けるディスコのマネージャー、角町が今度の仕事の仕掛け人だった。角町は自分のライヴハウスを持つために5千万円を必要としていたのだ。計画は洞爺湖の温泉ホテルの売上金2億円を運ぶ現金輸送車を襲うというもので、角町が加わることに神崎は難色を示したが、計画は実行され成功、4人は廃屋になっているレストラン跡にたどり着いた。しかし2億円入っているはずのジュラルミンケースにあったのは、たった5千万の現金だけだった。イラつく角町、失望の井村をよそに神崎がそれを4等分し始めたとき、切羽詰まった井村が血迷い、銃を片手に狂ったように札束をかき集め始めた。そんな井村を神崎が諭した瞬間、角町が銃を発射、井村は即死し、柴も重傷を負った。柴を背負いからくも逃れた神崎は、身を案じて廃屋へやってきた美里の車で現場を離れた。柴は計画を知る麻衣を角町が襲うのではないかと案じたが、実は麻衣は柴を裏切り角町と組んでいたのだった。麻衣は角町が現金を独り占めするため彼女を襲いに来るのを察知し、逆に角町から現金を奪う。その頃札幌に戻った神崎は、角町の周辺を調べるうち、角町が室蘭のヤミ金融から多額の借金があることもわかった。突然神崎のもとに麻衣から5千万を返すとの電話があり、指定の場所に出掛けたが、麻衣はショットガンを向けてきた。角町までもが銃を乱射しながら車で襲って来る。罠にはまった神崎は海中へ沈み、なんとか一命だけは取りとめアジトへ戻るが、重傷だった柴はついに帰らぬ人となった。そして函館のライヴハウスのオープンの日、怒りを押し殺した表情の神崎、ヤミ金融のヤクザ連中と殺し屋の野地が見つめる中、浮かれる角町と麻衣が現れた。神崎はライヴハウス前の路上に爆発物を仕掛け、付近を混乱に陥れる。警察をも巻き込み、神崎、角町、麻衣、野地らのカーチェイスが始まった。途中、角町はバスをジャックするなどエスカレート、麻衣はマシンガンを乱射するが、野地の凶弾に倒れ、野地も角町に倒される。ついに神崎と角町の一騎打ちとなり、夜の波止場で角町の車が横転、観念するふりをして神崎を倒そうとするが、逆に神崎の逆襲に遭いその若き命を散らした。そして取り囲むパトカーの群を乗り越えようとした神崎も車もろとも海に沈んだ。後日、金融街を走るバスの中には次の標的をさぐる神崎と美里の姿があるのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1992年12月下旬号

日本映画批評:いつかギラギラする日

1992年10月下旬号

日本映画紹介:いつかギラギラする日

1992年9月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):いつかギラギラする日

特集 新・世界の映画作家と新作研究 10 深作欣二と「いつかギラギラする日」:全自作を語る

特集 新・世界の映画作家と新作研究 10 深作欣二と「いつかギラギラする日」:深作アクションの系譜と「いつかギラギラする日」

特集 新・世界の映画作家と新作研究 10 深作欣二と「いつかギラギラする日」:フィルモグラフィ