男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ゴジラVSビオランテ

  • ごじらたいびおらんて
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    65.8点(223人)

  • 観たひと

    413

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 日本
製作年 1989
公開年月日 1989/12/16
上映時間 105分
製作会社 東宝映画
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督大森一樹 
特技監督川北紘一 
脚本大森一樹 
原案小林晋一郎 
製作田中友幸 
プロデューサー富山省吾 
絵コンテ杉田篤彦 
鈴木典孝 
破李拳竜 
デザインワークス松原裕志 
創一機 
福地仁 
西川伸司 
横山宏 
ヤン・チュン 
撮影加藤雄大 
美術育野重一 
装置鈴木栄二 
組付笠原良樹 
装飾田代昭男 
電飾稲畑秀男 
音楽すぎやまこういち 
音楽プロデューサー岩瀬政雄 
ゴジラ・テーマ曲伊福部昭 
録音宮内一男 
音響効果伊藤進一 
照明栗木原毅 
編集池田美千子 
ネガ編集大橋まさみ 
編曲デビッド・ハウエル 
製作担当者森知貴秀 
助監督井上英之 
スチール石月美徳 
特技撮影江口憲一 
特技美術大澤哲三 
長沼孝 
特技照明斉藤薫 
特技スチール中尾孝 
特技編集八木沼由加里 
繰演松本光司 
特殊効果渡辺忠昭 
久米攻 
特技装置野村安雄 
オプチカルエフェクト岸本義幸 
北條則明 
モーションコントロール木下良仁 
阿部健一 
ビデオエフェクト荻原賢治 
エフェクトアニメーション橋本満明 
松本肇 
斉藤雅和 
アニメーション毛利和昭 
山懸亜紀 
赤堀隆一 
マットペインティング三瓶一信 
マットペインター石井義雄 
視覚効果コーディネート小川利弘 
三沢勝治 
視覚効果プロデュース山辺崇 
馬野光晴 
特技協力撮影野沢善夫 
特技照明機材棚網恒夫 
背景小島耕司 
模型電飾高木明法 
CG大屋哲男 
亀谷久 
水端聡 
特技助監督松本清孝 
造型安丸信行 
品田冬樹 
造形荻原晶 
荻原篤 
小川正晴 
造形助手小林知己 
山部拓也 
擬斗宇仁貫三 
特殊機械宮川光男 
鹿山和男 
照明機材中谷孝正 
宣伝プロデューサー山根秀吉 
宣伝担当堀内實三 
中西陽一郎 
市川南 
製作宣伝大門一男 
宣伝ポスターイラスト生頼範義 

キャスト

出演三田村邦彦 桐島一人
田中好子 大河内明日香
高橋幸治 白神源壱郎
金田龍之介 大河内誠剛
高嶋政伸 黒木翔
峰岸徹 権藤吾郎
小高恵美 三枝未希
沢口靖子 白神英理加
久我美子 大和田圭子
永島敏行 山本精一
マンジョット・ベディ SSS9
上田耕一 山地統幕議長
中田博久 小山防衛庁長官
佐々木勝彦 科学技術研究部長
松川裕美 ニュースキャスター
相楽晴子 ニュースキャスター
デーモン小暮 デーモン小暮
アイデン・ヤマンラール アブドール・ザルマン
豊原功補 雨沢修
鈴木京香 河井弘美
荻原賢三 志村武雄
仙波和之 海上幕僚長
山中康司 航空幕僚長
武野功雄 スーパーX2整備長

解説

大怪獣ゴジラと謎の新怪獣ビオランテの対決を描く。小林晋一郎のゴジラ・ストーリー応募作品を基に、脚本・監督は「花の降る午後」の大森一樹、特技監督は「ガンヘッド」の川北紘一、撮影は「ピラミッドの彼方に ホワイト・ライオン伝説」の加藤雄大がそれぞれ担当。

あらすじ

ゴジラにより破壊され尽くした新宿副都心。そこに残ったG(ゴジラ)細胞をめぐり激しい争奪戦が展開していた。G細胞は争奪戦の末、一つは日本の大河内財団に保管され、もう一つはサラジア共和国の手に渡った。そしてサラジアでは遺伝子工学の世界的権威、白神博士の手で分析がなされていた。しかし、バイオメジャーの工作により研究所は爆破され、白神は長年に渡る研究成果と共にG細胞、さらに愛娘の英理加をも失ってしまった。それから5年、ゴジラ復活の兆候ありとの情報を得た権藤一佐は、超能力を持つ少女、未希のテレパシーを頼りに三原山火口捜査を行っていた。そして、未希はゴジラが動いていることを感じ取ったのだった。英理加の友人であり、大河内誠剛の娘・明日香、その恋人であり生命科学研究所のホープである桐島一人は抗核バクテリアがゴシラに対し最も有力な武器になり得ることを説いたがその生成にはG細胞と白神の協力が必要であった。最初は断っていた白神だったが、G細胞を一週間預かることを条件に抗核バクテリアの研究に協力する。数日後、芦の湖の中央に巨大な怪植物が出現した。それは、白神が英理加とバラ、そしてG細胞を組み込んで生まれたビオランテだった。その頃、三原山火口が爆発し、ゴジラも姿を現わした。スーパーX2が他の自衛隊機と共に発進、攻撃に向かうがゴジラはビオランテに吸い寄せられるように小田原に上陸。英理加の心を持つビオランテもゴジラの熱線を吸収し狂暴になっていった。ゴジラは駿河湾から海に入った。そして、今度は大阪に向かっていった。大阪の街は破壊され、ゴジラはさらに原発の集中する福井県若狭に向かっていく。そこに再びビオランテが現われ、2大怪獣の死闘が繰り広げられる。ところが抗核バクテリアの効果が効いたのかゴジラは海岸に倒れこんだ。ビオランテも光の花に姿を変えて、夜空を高く昇っていった。その時、未希はビオランテの中に潜む英理加の「あ・り・が・と・う」というメッセージを受け取った。そして、再び動き始めたゴジラも弱々しく日本海へと去っていったのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1990年2月上旬号

日本映画紹介:ゴジラ対ビオランテ

1990年1月下旬号

日本映画批評:ゴジラvsビオランテ

1989年12月下旬号

グラビア:ゴジラvsビオランテ

特集 ゴジラvsビオランテ:スタッフインタビュー&ルポ

特集 ゴジラvsビオランテ:ゴジラ考