男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

佐々木勝彦

  • Katsuhiko Sasaki
  • 出演
本名
出身地 東京都杉並区永福町
生年月日 1944年12月24日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都杉並区の生まれ。父は俳優の千秋実、母も元新劇の女優で、母方の祖父は戦前からの名優・佐々木孝丸という俳優の家系に育つ。法政大学経営学部卒業の1967年、文学座付属演劇研究所に8期生として入所。同劇団より独立した岸田森らの六月劇場に参加して、69年にTBS『安ベエの海』でドラマ初出演する。71年に出目昌伸監督「誰のために愛するか」で映画初出演も果たすと、同年に東宝と専属契約を結び、「昭和ひとけた社長対ふたけた社員」や岡本喜八監督「激動の昭和史・沖縄決戦」、森谷司郎監督「潮騒」など6本の映画に出演する。翌年も今井正監督の“東宝8.15シリーズ”「海軍特別少年兵」72に、少年兵たちの上官、吉永中尉役で出演したのに続き、73年には「ゴジラ対メガロ」でゴジラシリーズに初出演。以後、「ノストラダムスの大予言」74、「メカゴジラの逆襲」75、「ゴジラVSキングギドラ」91などの東宝特撮映画に数多く出演し、特撮ファンにはお馴染みの顔となる。“金田一耕助シリーズ”の「女王蜂」78、三島由紀夫原作「鹿鳴館」86、田中絹代の生涯を描いた「映画女優」87など、市川崑監督の作品にも多く起用された。東宝が専属制を廃止した後は、テレビドラマにも積極的に出演。TBS『禁じられたマリコ』85、『翔んでる!平賀源内』89、『結婚式へ行こう!』06、『獣医ドリトル』10、フジテレビ『正義は勝つ』95、『白線流し』96、『眠れる森』98、『女優・杏子』01、『めだか』04、『金色の翼』07や各局の2時間サスペンスなど、多くのドラマで活躍している。また、外国映画の吹替えやアニメーションなどで声優としても広く活動しており、ウィリアム・ハート、ロバート・デ・ニーロ、リーアム・ニーソンなどのほか、膨大な数の作品で吹替えを担当する。

キネマ旬報の記事