男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夜の流れ

  • よるのながれ
  • ----
  • ----


  • 平均評点

    67.4点(31人)

  • 観たひと

    56

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1960
公開年月日 1960/7/12
上映時間 111分
製作会社 東宝
配給 東宝
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演司葉子 藤村美也子
山田五十鈴 藤村綾
白川由美 園田忍
志村喬 園田浩一郎
長岡輝子 園田薫
中丸忠雄 高見沢誠
草笛光子 一花(政江)
水谷良重 金太郎
横山道代 万里
星由里子 あけみ
北川町子 小町
市原悦子 紅子
幸田良子 君代
三益愛子 川津志満
越路吹雪 村上弥生
三橋達也 五十嵐力
宝田明 滝口速太
本郷淳 湯川
大塚国夫 池田
村上冬樹 佐々木
岡田眞澄 英語教師

解説

東京の下町の花柳街を舞台に、新旧二つの世代の愛情を描いたドラマ。脚本は「娘・妻・母」の松山善三と井手俊郎、監督は「娘・妻・母」の成瀬喜巳男と「接吻泥棒」の川島雄三、撮影は「娘・妻・母」の安本淳と「落語天国紳士録」の飯村正といずれもダブル・システム。

あらすじ

東京の下町、料亭「藤むら」はその繁華街に近い花柳街にあった。女主人の綾はきれ者で、一人娘の美也子を大学まで出した。美也子は母のパトロンである実業家園田の娘忍と学友だった。二人は店へ出入りする芸妓たち、一花、金太郎、万里らと遊んだ。園田と綾との関係は、資本家と雇われ女将の金銭的関係以上のものはなかった。板前の五十嵐と肉体関係があったのだ。美也子もまた、五十嵐に好意以上の関心を持っていた。五十嵐はシベリアで捕虜だった時代、凍傷にかかった足を小刀で癒したとか、ビッコだが女の心をひく魅力があった。五十嵐が足の手術のため入院することになった。ある晩、寿司を届けに行った美也子は病室で母と五十嵐が抱き合っているのを見てしまった。美也子は母に反発を感じた。退院した五十嵐は、綾に店をやめるといった。逆上した綾は、出刃庖丁をもって彼の後を追いかけた。怪我はなかったが、二人の関係は花街に知れ渡った。綾は「藤むら」を止めさせられた。美也子は忍に芸者になることを打ち明けた。忍は父の秘書高見沢と外国へ行くと言った。高見沢は前に見合いをして美也子にフラれた男だった。綾が置手紙をし、五十嵐の後を追った。その頃、美也子はお披露目に出ていた。着飾った美也子の顔には、少しの暗い影も見えなかった。

関連するキネマ旬報の記事

1960年8月上旬号

日本映画批評:夜の流れ

1960年7月下旬号

新作グラビア:夜の流れ

日本映画紹介:夜の流れ