男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

川島雄三

  • Yuzo Kawashima
  • 監督/脚本/出演
本名
出身地 青森県下北郡田名部町
生年月日 1918/02/04
没年月日 1963/06/11

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【喜劇の裏側にニヒリズムが漂う自称“日本軽佻派”の鬼才】青森県むつ市生まれ。野辺地中学時代に巡回映写で見た「イントレランス」に感銘を受け、明治大学文学部に進んだのちの1938年、松竹に入社。助監督として渋谷実、島津保次郎、清水宏、小津安二郎、木下惠介らにつき、44年に織田作之助の小説『清楚』を原作とする「還って来た男」で監督デビュー。早くも喜劇タッチの個性が光った。戦後は、いち早くキス・シーンが出てくる「ニコニコ大会・追ひつ追はれつ」(46)を皮切りに、「東京マダムと大阪夫人」(53)など風俗喜劇を中心に異彩を放つが、54年のリメイク版「真実一路」、井上靖原作「昨日と明日の間」などの文芸作でも注目を集める。55年、製作再開した日活に、助監督の今村昌平、中平康を連れて移籍。同年の日活での第1作「愛のお荷物」、井上靖原作「あした来る人」、さらに翌56年には大佛次郎原作「風船」、芝木好子原作「洲崎パラダイス・赤信号」、織田作之助原作「わが町」、丹羽文雄原作「飢える魂」と、安定した作風と深化した人間観察による秀作を連打した。日活での最後の作品「幕末太陽傳」(57)は、落語の『居残り佐平次』などを取り入れた喜劇で、品川の遊廓街で豪遊するが一文無しのために居残りを続ける佐平次と、居合わせた高杉晋作ら勤皇の志士たちによる騒動を描く。陽性のバイタリティの裏側で、結核を患っている佐平次の存在に象徴的な独特のニヒリズムが漂い、川島の最高傑作となった。【サヨナラだけが人生だ】日活を離れて東宝系の東京映画に移ってからは、「女であること」(58)、「貸間あり」(59)、「赤坂の姉妹・夜の肌」(60)、「青べか物語」(62)など多彩な作品群を発表。その合間に大映で撮った「女は二度生まれる」(61)、「雁の寺」「しとやかな獣」(62)の3作はいずれも若尾文子をヒロインに、それぞれまったく毛色の違うユニークな傑作揃いとなった。45歳の若さで病死した川島の作品歴を振り返ると、初期の軽妙な風俗喜劇から次第に奇矯な重喜劇、叙情的なメロドラマ、重厚な陰影の文芸作と、その作風は複雑多岐に及ぶ。手垢にまみれたようなルーティンワークもある一方で、一気に才能が噴出した晩年の傑作群など、ダンディでシャイでニヒリズムあふれる川島の生き様がまさに作品に投影された。便所のシーンを好んで自作に取り入れることでも知られ、むつ市にある川島の墓碑には、「貸間あり」で桂小金治が立ち小便しながら言った「サヨナラだけが人生だ」の台詞が刻まれている。

キネマ旬報の記事

2011年12月上旬号

只今開催中! 第12回東京フィルメックス 厳選ガイド:ニコラス・レイ、川島雄三 特集上映の見どころ

2001年4月下旬号

特別企画 映画館主義 絶対映画館で観る!:「川島雄三 乱調の美学」

1998年12月下旬号

TVレポート:川島雄三の世界

1993年6月下旬号

特集 没後30年-川島雄三はサヨナラを言わない:今村昌平、川島作品を語る

特集 没後30年-川島雄三はサヨナラを言わない:大映時代・川島作品のカットを分析する

特集 没後30年-川島雄三はサヨナラを言わない:戯作者・川島雄三の不思議な魅力-松竹、東宝作品を中心に-

特集 没後30年-川島雄三はサヨナラを言わない:ビデオグラフィ

1977年1月下旬正月特別号

かわしま・ゆうぞう考:4 〈対談〉 藤本義一×小沢昭一 我らが師匠・川島雄三監督の魅力的人間像をさぐる

1975年4月下旬号

かわしま・ゆうぞう考/その2:川島雄三について語るには時間が何時間あっても足りない 〈対談〉藤本義一×殿山泰司

1975年1月下旬正月特別号

〈対談〉 川島雄三という映画監督は我我にとって何であったのか?:藤本義一×長部日出雄

1967年3月下旬号

あの人この人:第23回 原研吉君・川島雄三君のこと

1964年7月下旬号

なくて七癖:2 川島雄三の巻

1963年7月上旬創刊45周年記念特別号

川島雄三監督を悼む:

1963年4月上旬春の特別号

新・監督研究 8 川島雄三:川島雄三論

新・監督研究 8 川島雄三:川島雄三についてのCM

新・監督研究 8 川島雄三:川島雄三小伝

新・監督研究 8 川島雄三:自作を語る

1962年8月上旬号

シナリオ:箱根山  東宝映画

1960年12月増刊号 日本映画監督特集

作家掌論:川島雄三

1959年臨時増刊 名作シナリオ集

「名作シナリオ集」:グラマ島の誘惑

1957年臨時増刊 名作シナリオ集

「名作シナリオ集」東京映画:女であること

1957年増刊号 名作シナリオ集 初夏秀篇をそろえて!

「名作シナリオ集」日活映画:幕末太陽伝

1951年6月下旬号

新鋭監督座談會 ざっくばらんな話:鈴木英夫×杉江敏男×川島雄三×谷口千吉