男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロケーション

  • ろけーしょん
  • ----
  • ----

amazon


  • 平均評点

    75.0点(30人)

  • 観たひと

    47

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1984
公開年月日 1984/9/22
上映時間 99分
製作会社 松竹
配給 松竹
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

監督森崎東 
脚本近藤昭二 
森崎東 
原作津田一郎 
製作中川滋弘 
赤司学文 
撮影水野征樹 
美術福留八郎 
音楽佐藤允彦 
録音武進 
照明長田達也 
編集近藤光雄 
助監督須藤公三 
スチール金子哲也 

キャスト

出演西田敏行 小田部子之助
大楠道代 奈津子
大楠道代 テル子
美保純 及川笑子
柄本明 紺野
加藤武 
竹中直人 ダボ
アパッチけん タケ
大木正司 米さん
神童累 E・T
草見潤平 石やん
ふとがね金太 ケンちゃん
イヴ ジーナ
角野卓造 高田
花王おさむ 立札
河原さぶ 五大
殿山泰司 犬丸
大塚国夫 神山
根岸明美 梅子
麻生隆子 笛子
初井言栄 サタ
大林隆介 信用金庫の支店長代理
和由布子 ロケ見物の若い保母
矢崎滋 映画配給会社の若手社員
岩倉高子 タケを怒鳴るオバサン
森塚敏 診療所の医者
佐藤B作 赤岩
乙羽信子 かつ江
愛川欽也 金蔵

解説

女優を妻とするピンク映画のカメラマンを中心に、一本の映画を完成させるロケ隊の姿を描く。津田一郎原作の『ザ・ロケーション』の映画化で、脚本は近藤昭二、監督は脚本も執筆している「時代屋の女房」の森崎東、撮影は水野征樹がそれぞれ担当。

あらすじ

べーやんこと小田部子之助は、ピンク映画のカメラマンで、妻・奈津子もピンク映画の女優である。奈津子の主演映画が始まるという晩、彼女は常習の睡眠薬自殺未遂を起こした。夫婦の二十年来の友人でシナリオライターの紺野が馳けつけてきた。紺野に奈津子を任せ、べーやんはロケーション出発地に向った。そこには、原監督、助監督のダボ、セカンドのタケ、照明の米さん、助手のE・T、カメラ助手石やん、スチール兼運転手のケンちゃんらスタッフが待っていた。彼らは俳優に扮したりと何役も兼ねる男達だ。今度の映画の内容は、三人の男にレイプされた女の復讐劇で、奈津子の代役・笛子は裸がいやとごねる。そこへ、紺野が奈津子を連れて来たが、撮影の途中「もうだめ」と下りてしまった。都内の連れ込み宿のシーンに来た。台本訂正があり、両親を溺死させられた娘の復讐劇となる。借りた宿の女中・笑子が消防器具をひっくり返し、粉末をあびた代役ジーナは逃げ出した。笑子を代役に撮影続行。だが、監督がぜん息で入院してしまう。彼はあと3日でアップすること、笑子をヒロインにと言い渡す。突然、笑子がお盆の墓参りに故郷の福島に帰ると言い出した。仕方なしにロケ隊も福島に向う。途中、笑子が小学校に立寄った。偶然にも体操教師の赤岩が、笑子の恩師だった。学校のプールを借りて、笑子と両親を見殺しにした男との対決を撮るが、赤岩は必死に止めようとする。笑子が本当に両親を殺したという噂があると言うのだ。ハワイアンセンターの前で、笑子が消えた。べーやんは駄菓子屋の老婆サタから、笑子の生い立ちを聞いた。炭坑夫だった父は事故で体が不自由になり、ヤクザに引き込まれてバクチに手をだし、借金抱えて逃げ回った末、一家心中。笑子が一人残されたという。しかし、女郎屋「みそら」のテル子は、母親は生き残ったが、父だけ死んだうらみから、後日、笑子が母親を仏ヶ浦の崖から突き落したという。テル子は奈津子に瓜二つだった。笑子が見つかり、紺野もやって来た。内容は急転し、一家心中を撮ることになった。浜の古い網小屋にロケ隊は集結したが、そこにはテル子がいた。笑子が母である彼女を呼び出したのだ。テル子は犬丸という男の妄になっていた。カメラは回った。米さんが父親の役をやり、笑子は母が父を殺したと責めたてる。母は笑子を松の木にくくりつけ、夫と心中するつもりだったという。その間に夫が崖から飛び降りたのだ。今なら死ねると飛び降りようとする母を笑子は止めた。こうして撮りあげた苦心作も、監督は気にいってくれたが、配給会社はわけがわからないと買ってくれなかった。

関連するキネマ旬報の記事

1984年11月上旬号

日本映画批評:ロケーション

1984年10月下旬号

日本映画紹介:ロケーション

1984年10月上旬号

〈特別グラビア〉撮影ルポ:「ロケーション」