男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

美保純

  • Miho Jun
  • 出演
本名 曽根ちよ美
出身地 静岡県静岡市
生年月日 1960/08/04
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

静岡県静岡市の生まれ。本名・曽根ちよ美。静岡精華学園高校(現・静岡大成高校)卒業。市内のデパートにしばらく勤務したのち、1980年に“ディスコ・クィーン・コンテスト”で優勝し、その後、上京して広告代理店でアルバイトをしている時にスカウトされる。翌81年、渡辺護監督のにっかつ(現・日活)買い取り作品「制服処女のいたみ」でいきなり主演デビュー。物おじしない演技と健康的なプロポーションで、にっかつロマンポルノ期待のアイドルとなり、「宇能鴻一郎の濡れて騎る」82などに続けて出演する。出世作は82年のジョージ秋山原作、上垣保朗監督「ピンクのカーテン」。ふたりきりで暮らす兄妹の危うい関係をカラッと描いた同作で、奔放な妹を完全に自分の役にし、ブルーリボン賞新人賞を獲得する。同年には早くも齋藤光正監督「伊賀忍法帖」などで一般作品に進出。ロマンポルノは83年の「ピンクのカーテン3」が最後となる。84年、山田洋次監督「男はつらいよ・夜霧にむせぶ寅次郎」でタコ社長(太宰久雄)の娘・あけみ役に選ばれ、「寅次郎物語」87まで準レギュラー出演。堂に入った演技でたちまち“寅さん”の世界に馴染む。名脇役として硬軟どんな役でもさまになる演技力が評価される分、近年の映画では便利屋的な扱われ方も多かったが、10年の小林政広監督「春との旅」では地方の主婦の生活感を限られた場面で巧演し、健在ぶりをアピールした。テレビドラマの出演作に、NHK『はね駒』86、『なごや千客万来』00、『クライマーズ・ハイ』05、フジテレビ『北の国から'87・初恋』87、『白鳥麗子でございます!』93、『この愛に生きて』94、TBS『デパート!夏物語』91、『ドラゴン桜』05など多数。『きらら浮世伝』88、『ティファニーで朝食を』90ほか舞台にも積極的に立ち、気取らない人柄が愛されてバラエティ番組などでも活躍を続ける。

キネマ旬報の記事

1984年9月下旬号

ザ・インタビュー:美保純

1983年8月下旬号

巻頭特集 ザ・アイドル:現代のアイドルたち 美保純