男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

魔界転生(1981)

  • まかいてんしょう
  • Samurai Reincarnation
  • Samurai Reincarnation

amazon


  • 平均評点

    69.7点(142人)

  • 観たひと

    286

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル 時代劇
製作国 日本
製作年 1981
公開年月日 1981/6/6
上映時間 122分
製作会社 東映京都
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督深作欣二 
脚本野上龍雄 
石川孝人 
深作欣二 
原作山田風太郎 
企画角川春樹事務所 
製作角川春樹 
プロデューサー佐藤雅夫 
本田達男 
稲葉清治 
撮影長谷川清 
美術井川徳道 
佐野義和 
音楽山本邦山 
菅野光亮 
録音中山茂二 
照明増田悦章 
編集市田勇 
衣裳アドバイザー辻村ジュサブロー 
進行主任長岡功 
助監督土橋亨 
スチール遠藤功成 

キャスト

出演千葉真一 柳生十兵衛光巌
沢田研二 天草四郎時貞
佳那晃子 細川ガラシャ夫人
緒形拳 官本武蔵
室田日出男 宝蔵院胤舜
真田広之 伊賀の霧丸
松橋登 将軍家鋼
成田三樹夫 松平伊豆守
大場順 柳生左門友矩
島英津夫 柳生又十郎宗冬
久保菜穂子 矢島の局
成瀬正 甲賀玄十郎
中村錦司 石田上総守
河合絃司 神尾備前守
川浪公次郎 松平隼人正
鈴木康弘 富田主膳
有川正治 伊崎平内
岩尾正隆 安井藤兵衛
内田朝雄 酒井雅楽頭
相馬剛三 阿部豊後守
丘路千 堀田備中守
角川春樹 板倉内膳正
中江英生 細川忠利
林三郎 水野勝成
小林将孝 戸田氏鉄
飛鳥裕子 甲質くの一
鈴木瑞穂 小笠原少斉
浜村純 茂左衛門
東龍子 茂左衛門の妻女
梅沢昇 伊賀の長老
犬塚弘 宗五郎
秋山勝俊 与平
野口貴史 彦作
白川浩二郎 米十
高月忠 百姓
中島茂樹 百姓
赤羽明 百姓
吉沢高明 百姓
鄭[王美]玲 百姓
丸平峰子 百姓
カルロッタ池田 
畑中猛重 
中島葵 百姓女
三谷昇 旅僧
味方健 能シテ
味方団 能子方
谷田宗二郎 能ワキ
茂山あきら 能アイ
神崎愛 おつう
菊地優子 お光
丹波哲郎 村正
若山富三郎 柳生但馬守宗矩
古川京子 
出演(声)白石加代子 

解説

天草四郎を中心に、細川ガラシャ夫人、宮本武蔵などが現世で果たせなかった夢、願望を満たすため黄泉の国から甦り徳川幕府をおびやかす。山田風太郎の原作の映画化で、脚本は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の野上龍雄、「忍者武芸帖 百地三太夫」の石川孝人、「復活の日」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「古都(1980)」の長谷川清がそれぞれ担当。

あらすじ

寛永十五年、徳川幕府のキリスト教弾圧に端を発した島原の乱は、天草四郎時貞を中心に、二万人近い信者が惨殺された。その夜、四郎の首は雷鳴とともに甦った。怨みをはらそうとする四郎は、やはり、生前に裏切られたり夢を果たせなかった人々を集めて、幕府に復讐を企てた。細川ガラシャ夫人、宮本武蔵、宝蔵院胤舜、伊賀の霧丸、柳生但馬守宗矩たちが集まった。頻繁に起る不思議な事件を、柳生十兵衛は魔界から甦った化者たちの仕業とつきとめた。ガラシャは四代将軍家綱に接近し、お玉の方に扮して大奥に入ることに成功する。家綱はお玉の方の体に溺れ、次第に狂気じみていった。霧丸は若い少女と恋仲になり、悪に徹しきれず、脱走を図った。しかし、四郎はそんな霧丸を斬り殺してしまう。危機の迫っていることを悟った十兵衛は、おつうを養女にして山中に暮す刀匠、村正に魔物を斬れる妖刀の製作を依頼する。十兵衛はおつうの前で武蔵を斬り倒した。一方、江戸城はお玉と家鋼の部屋から出火した火に包まれていた。燃えさかる炎の中で、十兵衛は父、但馬守を激戦の末、斬り倒し、そして天草四郎と向い合った。顔、体に魔よけの文字を書いた十兵衛は四郎の首をはねた。四郎は自分の首を脇にかかえ、人間のいるかぎり、復讐を続けると炎の中に消えていった。

関連するキネマ旬報の記事

1981年7月下旬号

日本映画批評:魔界転生

1981年7月上旬号

日本映画紹介:魔界転生

1981年6月上旬号

特別カラー・グラビア:魔界転生

グラビア:魔界転生

特集 「魔界転生」:対談 深作欣二×辻村ジュサブロー

特集 「魔界転生」:京都撮影所ルポ

特集 「魔界転生」:風太郎忍法帖について

特集 「魔界転生」:脚本