男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

真田広之

  • Hiroyuki Sanada
  • 出演/音楽
本名 下沢広之
出身地 東京都品川区
生年月日 1960年10月12日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都品川区の生まれ。本名・下沢広之。幼少の頃から劇団ひまわりに所属し、5歳の時に千葉真一主演の「浪曲子守歌」66に本名で映画初出演。子役としていくつかの映画やドラマに出演しながら、千葉主宰のJAC(ジャパン・アクション・クラブ)でアクションを学ぶ。1978年、堀越高校在学中に深作欣二監督「柳生一族の陰謀」のオーディションに合格して、本格的に俳優としてデビュー。この時から、千葉に命名された“真田広之”の芸名を名乗る。SFブームに乗って東映が製作した深作監督「宇宙からのメッセージ」78にも続いて出演。ガバナス帝国に立ち向かう8人の勇士のひとり、シロー・ホンゴーを演じた。スピンオフ企画として作られたテレビ朝日『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』78で、ドラマ初主演も飾る。その後も「真田幸村の謀略」「戦国自衛隊」79などに出演を重ね、初主演映画の「忍者武芸帳・百地三太夫」80では、千葉仕込みのダイナミックなアクションと甘いマスクでアイドル的な人気を獲得。翌81年には「吼えろ鉄拳」「冒険者カミカゼ」「燃える勇者」と次々に主演作が作られた。深作監督「魔界転生」81では、天草四郎役の沢田研二との男同士のキスシーンも話題になる。また、香港映画「龍の忍者」82にも主演するなど、早くから海外での活動も指向していた。ここまでアクションスターとして売り出してきた真田だが、82年の主演作「道頓堀川」は宮本輝原作の文芸映画で、松坂慶子とのラブシーンなど初めてアクション抜きの芝居に挑み、演技の幅を広げた。その後も「伊賀忍法帖」82、「伊賀野カバ丸」83などアクションものは続いたが、薬師丸ひろ子と共演した83年の「里見八犬伝」を境にアクション映画は減り、84年の和田誠監督「麻雀放浪記」で大きな転機を迎える。戦後の混乱期を生き抜くギャンブラーたちの姿を描いた本作で真田が演じたのは、凄腕の猛者に揉まれて成長してゆく青年・坊や哲。鹿賀丈史、高品格、加賀まりこといった芸達者なベテラン俳優たちに囲まれ一歩も引かぬ好演を見せ、役者としての評価を急速に高めていった。88年には、再び和田監督と組んだ「快盗ルビイ」でコメディ芝居にも挑戦。小泉今日子演じる怪盗の手伝いをさせられる気弱なマザコン会社員という、それまでのイメージを覆す役柄を見事に演じて、キネマ旬報賞、報知映画賞などの主演男優賞を多数受賞する。テレビドラマでも、NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』87、TBS『坂本龍馬』89、フジテレビ『ニューヨーク恋物語』88、テレビ朝日『新吾十番勝負』90などで活躍し、室町幕府を開いた足利尊氏の生涯を描いたNHK大河ドラマ『太平記』91、女子高教師と女生徒の禁断の愛を描いた野島伸司脚本のTBS『高校教師』93などの主演ドラマも相次いで成功を収める。脂の乗り切ったこの時期は映画での快進撃もやはり続き、93年はいずれも滝田洋二郎監督と組んだ、アジアの小国のクーデターに巻き込まれた日本人商社マンの姿をシニカルに描いた「僕らはみんな生きている」、大沢在昌のベストセラーを映画化した刑事ドラマ「眠らない街・新宿鮫」の2本で再びキネマ旬報賞の主演男優賞を獲得。ブルーリボン賞、ヨコハマ映画祭でも主演男優賞に輝く。さらに95年は、篠田正浩監督「写楽」、岡本喜八監督「EAST MEETS WEST」、大森一樹監督「緊急呼出し/エマージェンシー・コール」の3本の映画に主演し、早くも3度目となるキネマ旬報賞主演男優賞のほか、報知映画賞、ブルーリボン賞など映画賞を独占する。テレビドラマの出演作はほかに、NHK『秀吉』96、『新・半七捕物帳』97、フジテレビ『こんな恋のはなし』97、『タブロイド』98、『非婚家族』01など。この間の90年に女優の手塚理美と結婚し、二男をもうけるが、97年に離婚した。99年、イギリスで上演された蜷川幸雄演出の舞台『リア王』に日本人唯一のキャストとして出演するなどして、国境を越えた活躍を続けるようになる。大きな転機となったのは山田洋次監督の時代劇「たそがれ清兵衛」02で、史上最多となる4度目のキネマ旬報賞主演男優賞など多数を受賞する高い評価を受け、作品が米アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされたことで、真田にも海外から注目が集まった。続いて、トム・クルーズ主演のハリウッド製時代劇「ラストサムライ」03に渡辺謙らとともに出演。以後は活動の拠点をハリウッドに移し、「サンシャイン2057」07、「スピードレーサー」08などのほか、陳凱歌監督の史劇「PROMISE」06、ジャッキー・チェン主演の「ラッシュアワー3」07では久々に本格アクションも披露し、日本を代表する国際派スターとして活躍している。

キネマ旬報の記事

2019年12月上旬号

追悼特集 ありがとう、和田誠さん:インタビュー&寄稿 吉永小百合、真田広之、大竹しのぶ、小泉今日子、平山秀幸、長谷川隆、三谷幸喜、白石和彌、渡辺武信、森卓也、森遊机、宮崎祐治、金田裕美子

2013年10月上旬号

インタビュー:真田広之(「ウルヴァリン:SAMURAI」出演)

2012年6月上旬号

FACE:真田広之

2011年1月上旬号

新春特別企画 SPECIAL INTERVIEWS:真田広之

2010年12月上旬号

HOT SHOTS:真田広之『LOST ファイナル・シーズン』

2007年5月上旬号

HOT SHOTS:来日会見ルポ 真田広之&キリアン・マーフィー

2007年4月下旬特別号

FACE2007:真田広之

2006年10月下旬号

作品特集 「上海の伯爵夫人」:真田広之 インタビュー

HOT SHOTS:真田広之

2006年2月下旬決算特別号

FACE2006:真田広之

2005年8月上旬号

巻頭特集 「亡国のイージス」:真田広之 インタビュー

2005年5月上旬号

追悼 岡本喜八:追想・岡本喜八 仲代達矢、佐藤允、小林桂樹、寺田農、大谷直子、本田博太郎、真田広之

2003年12月下旬号

巻頭特集 「ラスト サムライ」:真田広之 インタビュー

2003年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:主演男優賞 真田広之

2002年10月上旬号

Kinejun front:2 真田広之、叙勲!

2002年1月上旬新年特別号

FACE2002:真田広之

2001年8月上旬号

作品特集 「真夜中まで」:真田広之 インタビュー

1999年12月上旬号

HOT SHOTS:真田広之

1998年12月上旬号

巻頭特別企画 がんばれ!日本映画 ニッポン新個性派時代:対談 役所広司×真田広之

1998年6月上旬号

FACE:真田広之

1996年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:主演男優賞 真田広之

1995年9月下旬号

インタビュー The Face '95:真田広之

1995年2月上旬号

特集 写楽:真田広之 インタビュー

特集 写楽:真田広之インタビュー

1994年臨時増刊 竹中直人の小宇宙

竹中直人を語る:真田広之

1994年7月下旬特別号

創刊75周年特集〈2〉キネマ旬報の想い出:

1994年2月下旬決算特別号

特別カラーグラビア:主演男優賞 真田広之

1993年10月上旬秋の特別号

アクターズ・カット:第11回 真田広之

1990年3月上旬号

THE FACE '90:真田広之

1989年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:主演男優賞 真田広之

1984年10月下旬号

特集インタビュー:真田広之

1983年12月下旬号

特集 里見八犬伝 深作欣二監督作品:真田広之と美術

1983年8月下旬号

巻頭特集 ザ・アイドル:現代のアイドルたち 真田広之

1980年12月上旬号

ニッポン個性派時代:第77回 真田広之